猫が苦手なお手入れ5つと克服法

猫が苦手なお手入れ5つと克服法

猫のお世話で大変なことはしつけやトイレのお掃除などたくさんありますが特に猫が苦手で嫌がることは飼い主さんもするのが大変なので手を焼いてしまいますよね。では、そんな猫が苦手なお手入れはどのように克服させてあげれば良いのでしょうか。今回は「猫が苦手なお手入れ5つと克服法」についてご紹介させていただきます。

1980view

猫が苦手なお手入れ5つ

訴えるように鳴くスコティッシュフォールド

猫のお世話は餌やりやトイレ掃除、日々のケアなど、たくさんありますよね。その中でも、猫にとってもストレスに感じてしまい「苦手」と感じるお手入れもいくつかあります。

そこでここでは、猫が苦手なお手入れがどのようなものがあるのかについて、ご紹介させていただきます。

1.ブラッシング

ブラッシングされている猫

ブラッシングは、気持ち良くてリラックスをして大好きな猫もいれば、「触らないで!」と逃げてしまうブラッシングが苦手な猫の2タイプにわかれます。

ブラッシングが苦手な猫は、

  • 長毛種
  • 毛玉が多い

場合にその傾向にあり、ブラッシングをしようとするとウーッと威嚇をしたり、シャー!っと引っ掻こうとしてきたりする攻撃的な一面を見せる猫もいるようです。

2.お風呂

シャワーをかけられて目を瞑る猫

猫のほとんどが大の苦手なのが「お風呂」です。

飼い主としては被毛をキレイにするために、定期的にお風呂に入れようとされることもあるかもしれませんが、嫌で暴れてパニックを起こしてしまう猫もいるほど「水嫌い」が原因で、お風呂が苦手です。

猫は本来、水のない砂漠に生息していたことや、寒さに弱いことから本能的に水が苦手なのです。

一方で、水辺でも狩りをしていたような野生に近い品種である、

  • サーバルキャット
  • ベンガル

などであれば、水嫌いではないのでお風呂に入れることができる場合もあるようです。

3.爪切り

飼い主に抱かれて爪切りされている猫

爪切りは猫にとって、「何をされるんだろう!」と不安でいっぱいになってしまうお手入れです。

爪切りのパチパチという音に驚いたり、失敗をされてしまったりしたことがある場合には、トラウマで大変嫌がってしまうこともあるでしょう。

猫の爪は白い部分以外に血管もあるので、爪切りを失敗してしまうと出血をしてしまうこともあります。

猫は自分の一番の「武器」でもある、大切な爪を傷受けられることを怖がって、苦手だと感じているのです。

4.目薬や飲み薬

目薬をさされている猫

猫は「目薬や飲み薬」なども大の苦手です。猫は薬だと理解することができないので、いつもと違うことをされると、怖くてやめて!と抵抗をしてしまうものです。

特にそのときに飼い主さんが、必死になって猫を抱っこしたり固定したりすると猫は「自由を奪われた」と思い、さらに暴れたりパニックになってしまったりすることもあるでしょう。

5.耳掻き

キレイにしてあげたいのに、猫が暴れることで返って耳を傷つけてしまいそうで、飼い主さんも無理ができないのが「耳掻き」です。

耳掻きは人間でも、されるとなれば怖いですよね。猫はさらに聴力が人間の5倍程度あるので、ガサゴソと綿棒などで耳を触られると不快感で逃げ出してしまうのです。

猫が苦手なお手入れの克服法

綿棒で耳掃除をされている猫

猫のお手入れには、お風呂や爪切りなど案外苦手なものが多いですよね。では、それらをうまく克服させるにはどうすれば良いのでしょうか。

飼い主も「毎回大変!」という思いをしなくて良くなるような方法について、ご紹介させていただきます。

1.ブラッシング

猫のブラッシングは苦手な場合、ブラシを変えてみるのがおすすめです。先端が柔らかい素材のものに変えてみると、すんなりとブラッシングができるようになる場合もあります。

そして、猫のブラッシングをするときには「痛み」を感じさせないためにも、毛玉などのもつれはある程度ほぐしたり、ほどいたりしてから、といてあげてください。

既にブラッシングを苦手だと感じている猫は「飼い主がブラシを持つだけで」逃げ出してしまうこともあるかもしれません。

そのようなときには、まずブラシから手を離し、猫を撫でてリラックスさせてからかけてあげるのがおすすめです。

猫が、ブラッシングは痛くなくて気持ちの良いものだ、と理解すれば克服することができるでしょう。また、猫が嫌がる足元や尻尾からかけるのではなく、お腹や頭など気持ちの良いところからはじめてあげてくださいね。

2.お風呂

猫は水が苦手なので、なかなか克服させるのは難しいですよね。

お風呂あがりにサッとドライヤーをかけたり、部屋の温度を暖かくしたりして、猫がお風呂でストレスを抱えてしまわないように、「手際よく行う」ことが一番の対策方法でしょう。

しかしどうしても暴れて嫌がってしまったり、入れることが困難だったりする場合には、「ホットタオル」を導入してお風呂に無理に入れないことも、飼い主さんの負担を減らす手かもしれません。

ホットタオルは水に濡らしたタオルをラップにつつみ、電子レンジで温めれば完成です。ホットタオルで猫を拭いてあげるだけでも、被毛はキレイになりますので試してみてくださいね。

3.爪切り

猫は元々足元などを触られると「身動きがとれないようにされてしまうのではないか」という恐怖心を抱くので、爪切りをするのが苦手です。

そんなときに、猫の爪切りを行うためには「寝ているあいだにしてしまう」のがおすすめです。

克服方法ではないかもしれませんが、猫が「やめて!」「嫌だ」と感じてしまっているということは大きなストレスになってしまっています。そのようなことを減らすためには、猫が知らない間にサッと行ってしまうのが一番良い方法でしょう。

また切ろうとすると起きてしまい、切れないようなときには、動物病院やペットサロンでプロの方に切ってもらうのもおすすめです。

4.目薬や飲み薬

目薬や飲み薬は、猫が嫌がっても処方されている場合は、必ずしなくてはいけないので大変ですよね。

飲み薬などは餌や飲み水に混ぜて与えてしまうのが一番の克服法でしょう。そして目薬は寝ている間にサッと行ってあげると良いです。

いずれも困難なときには、「猫が安心できる状態」にしてから行うと、すんなり薬を飲ませることができる場合もあります。

その方法としては、部屋を暗くして狭い場所に入れてあげることです。段ボール箱や洗濯ネットなど、猫は暗くて狭い場所が安心できますので、そのようなところに入れてから薬を飲ませるようにしてみてください。

5.耳掻き

耳掻きは暴れてしまうので大変ですよね。そのようなときには、怪我をしてしまうこともあるので無理にしないようにしてください。

どうしても耳垢が気になる場合は、動物病院でお掃除してもらうのが良い手段でしょう。

また克服方法ではありませんが、ダニなどが原因で耳垢がひどい場合には、駆除液などを簡単に垂らせば改善をすることもできます。

不安なときには無理をせずに、動物病院へ相談をするようにしてください。

まとめ

飼い主に抱かれて嫌そうな顔をする猫

猫のお世話は大変なことがたくさんありますが、特に日頃のケアにも手を焼いてしまうことがありますよね。猫は、

  • ブラッシング
  • お風呂
  • 爪切り
  • 目薬や飲み薬
  • 耳掻き

などのお手入れが苦手なので、ふだんから飼い主が頭を悩ましてしまうこともあるかもしれません。

そのようなときには猫が寝ているときにサッと済ませてしまったり、猫が安心できる状態にしたりしてから行うなど、工夫をして克服させてあげてくださいね。