ご飯の食べ方が下手?上手に猫に食べさせるコツ

ご飯の食べ方が下手?上手に猫に食べさせるコツ

猫が食事をしたあと「餌があちこちに落ちて掃除が大変」ということはよくありますよね。では、猫のご飯の食べ方が下手なのはどんな理由が考えられるのでしょうか。また上手に食べさせるコツも気になりますよね。そこで今回は「ご飯の食べ方が下手?上手に猫に食べさせるコツ」についてご紹介させていただきます。

1293view

ご飯の食べ方が下手な理由

猫のご飯の食べ方が下手なことありますよね。

食べ方が下手だと、あちこちにご飯がこぼれている、自分の体にご飯をつけている!

などということもあるので、飼い主がお掃除するのも一苦労、なんてこともあると思います。

では、猫がご飯の食べ方が下手な理由は、どのようなことが考えられるのでしょうか?

いくつかご紹介させていただきます。

遊び食べ

食べる猫

遊び食べをしているから、ということが考えられます。

猫はお腹が空いていなくても、本能的に蓄えておこうと、お皿に入っているご飯を食べることがあります。

しかし、そんなときには、わざとこぼしながら遊んで食べてしまいます。

またそれだけでなく、猫のヒゲは敏感で、食べ物にあたると不快感に襲われます。

ご飯を食べるときに、なるべくヒゲにつけたくないので、食べては首を降ってしまい、ご飯が飛び散ってしまうことがあるのです。

口の中が痛い

猫

猫は、食べたくても食べれない。

つまり口内炎や歯肉炎、歯周病などの、口のトラブルを患っていると、食べたいのに「痛み」によって、上手に食べることができなくなってしまうことがあります。

食べ方がおかしかったり、食欲不振になってくるようなことがあれば、口の中をチェックし、何らかの異常があれば、動物病院を受診するようにしてください。

運動機能に異常がある

隠れる猫

食べ方が下手なのは、運動機能に障害があるということも考えられます。

運動機能に何らかの障害があると、ご飯を食べたくても、上手く食べることができない場合があります。

口周りの筋肉や骨の異常であったり、小脳に障害があると、飼い主は気が付きにくいのですが、ご飯をたくさんこぼしてしまうという特徴があります。

ご飯が食べにくいから

猫の皿

猫がご飯をこぼしてしまうとき、餌が年齢に合ってない、お皿が悪いなどということが、原因になってしまっていることもあります。

餌が年齢に合っていないと、ドライフードを上手く噛み砕けないで嘔吐してしまったり、お皿が悪いと、食べにくい姿勢になってしまうので、結果的にあちこちを汚してしまう食べ方になってしまうのです。

ご飯の食べ方を上手にするコツ

餌を食べる猫

では、ご飯の食べ方を上手にするコツはどのようなことがあるのでしょうか。

飼い主の後片付けのことも考えると、なるべく猫には上手にご飯を食べてほしいですよね。

そこでここでは、ご飯の食べ方を上手にするコツについて、ご紹介させていただきます。

高さのあるお皿に変える

上を見る猫

下手にご飯を食べて散らかしてしまうときには、まず、お皿を見直してみましょう。

猫のご飯用のお皿はたくさんの種類があるので、猫の大きさに合わせて「高さ」を調整してみてください。

今現在、猫がご飯をたくさんこぼしてしまうという場合には、今よりも高さのあるお皿にチェンジしてみてください。

お皿の位置が高くなれば、姿勢も良くなるので、こぼしにくくなり、猫も食べやすくなるでしょう。

高さのある台を使う

猫の皿

他の方法として、高さのある台を使うということを、実践してみてください。

100均なとで販売されている、園芸用品のレンガなどで高さを作り、トレーを置くなどすれば、オシャレに、高さのある餌台を作ることができます。

ご飯を食べる位置を高くすることで、餌も水も飲みやすくなりますので、是非トライしてみてください。

まとめ

食べる猫

猫のご飯の食べ方が下手だと、後片付けも大変ですよね。

もし、食べにくそうにしているときなどには、お皿を変えてみたり、台を置くなどしてご飯を食べる高さを調整してみてくださいね。

人気のキーワード