猫がくつろげるのはこんな所!8つの特徴

猫がくつろげるのはこんな所!8つの特徴

1日の大半のんびりと寝て過ごす猫。そんな猫がくつろげる場所を作ってあげるのは、とても大切です。猫はストレスに弱い動物ですから、ゆっくりくつろげる場所がないと、ストレスで体調を崩してしまうことも考えられます。猫がくつろげる場所を知って、のんびり快適に過ごせる場所を作ってあげましょう。

3319view

猫がくつろげる所の特徴

くつろぐ猫

猫がくつろげる所には、こんな特徴があります。

ポイント1 ジャストサイズ

段ボールに収まる猫

体がすっぽりと入る、ジャストサイズな場所が猫は好きです。敵に襲われる心配がなく、くつろげるようです。
良く小さめな段ボールや紙袋に入って、リラックスしている猫を目にしませんか?ジャストサイズの場所にハマるのが猫のお気に入りです。

ポイント2 ふわふわ

ふわふわのベッドで寝る猫

ある研究では、猫はフリース素材を1番好むと言う結果が出たそうです。ああいうふわふわとしたところが大好きみたいです。
ですから、ふわふわの猫ベッドを用意してあげても良いですし、ふわふわのクッションなど、とにかくふわふわした場所を用意してあげてください。

使うか使わないかは猫次第ですが、もし使ってくれなくてもガッカリしないでください。
初めは警戒していますが、そのうちに慣れて使うこともあります。猫自身が勝手に、ふわふわのお好みの場所を見つける可能性もありますが。

ポイント3 暗い

袋の中の猫

暗い場所も猫がくつろげるポイントです。何かにつけては、天井のある暗い場所にいませんか?ソファやベッドの下や、なんでそんなトコに?と言うような驚きの場所にいることもしばしばです。やはり落ち着くのでしょうね~!

ポイント4 日が当たる

窓際の猫

暗い場所も好きですが、お日さまの当たるぽかぽかしたところも大好きです!
日に当たるのは猫の健康を維持する上でも大切です。窓際の日が当たる場所にくつろげるよう、ベッドなどを用意してあげても良いですね。

ポイント5 外が見える

窓のブラインドに手をかける猫

外が眺められるところも猫がくつろげる場所です。行き交う人や羽ばたく鳥、飛ぶ虫など、猫にとっては良い刺激となります。キャットタワーと窓の近くに設置してあげると、この上ないくつろぎの場所となるでしょう!

ポイント6 ちょっと高い所

高いところから見下す猫

ちょっと高い所も猫はくつろげるようです。我が家でも人気スポットです。高過ぎない方が何かと良いでしょう。適度に高い場所を用意してあげましょう。

また、猫が自分で快適な場所を見つけることもあります。その場所にベッドを置いてあげても良いですね。あなたの様子を高い所から密かにじっと見ているかもしれません。

ポイント7 静かな場所

ベッドで寝る猫

猫は静かな環境を好む動物です。いつも騒がしい環境より、静かな環境の方がくつろげます。
多少の生活音は仕方ないにしても、必要以上に騒がしくしたり、しょっちゅう来客が訪れたりするような落ち着かない環境は避けてあげましょう。

ポイント8 隠れ家

段ボールに隠れる子猫

いざという時に逃げ込んで身の安全を確保できる隠れ家。猫にとってはホッとくつろげる場所です。作ってあげても良いですし、猫が自分で見つけることもあります。その場所は無くさないようにしてあげてください。

まとめ

ピンクのベッドで寝る子猫

猫がくつろげる場所を用意してあげるのは、そう難しくはないはずです。
猫は自分がくつろげる場所を探すのが上手なので放っておいても勝手に探すでしょうが、猫が見つけたくつろぎ場所を、より快適に整えてあげると喜ぶでしょう。思う存分くつろいで貰いましょう。

人気のキーワード