指原莉乃さんの猫を解説!名前や種類、飼い始めた経緯まで

指原莉乃さんの猫を解説!名前や種類、飼い始めた経緯まで

指原莉乃さんは「マンチカン太郎」と「ミヌエット五郎」という二匹の猫を飼っています。そこで今回は指原莉乃さんの飼っている猫の名前の関する情報や種類、猫を飼い始めたきっかけについて詳しく紹介していきます。

3997view

指原さんの猫の名前

指原さんかもしれない人と猫

指原莉乃さんといえば、いまや「猫好き芸能人」としても知られています。動物番組などにも出演し、猫好きをアピールしているようです。

そんな指原莉乃さんですが、実は自宅でも猫を二匹飼っているということをご存知でしょうか。「マンチカン太郎」と「ミヌエット五郎」というすごくユニークな名前がついた二匹の猫を、とても大事に育てているのです。

上記の写真がマンチカン太郎です。

そして、上記の写真がミヌエット五郎です。

自身のSNSなどでも、猫のマンチカン太郎とミヌエット五郎の写真をよく投稿している指原莉乃さん。愛情たっぷりかけてお世話をしているということが、とても伝わってきます。

ところで、なぜ指原莉乃さんは二匹の猫にこんなユニークな名前をつけたのでしょうか。その真相については、まだ明かされていないのですが「マンチカン太郎」に関しては仮名であるということを公表しています。なので、もしかしたら自宅では「マンチカン太郎」ではない、別の本名でよんでいるのかもしれません。

また指原さんのもう一匹の猫「ミヌエット五郎」に関しては、仮名なのかどうかさえ明かされていないようです。「マンチカン太郎」と同じく仮名だった場合、別の名前(本名)がつけられている可能性がありますね。

ちなみに「マンチカン太郎」に関しては「マンチ・カン太郎」という区切り方が正しいようです。「マンチ」が苗字で、「カン太郎」が名前といったニュアンスでしょうか。

そのため、「マンチカン太郎」のことを指原莉乃さんは「カン太郎」とよんでいることもあります。ファンからも「カン太郎」や「カンちゃん」という愛称でよばれているみたいですよ。

指原さんの猫の種類

後ろ向きの猫

次に、指原莉乃さんの猫の種類ですが、「マンチカン太郎」はマンチカン、そして「ミヌエット五郎」はミヌエットという種類の猫であることを公表しています。猫の品種名をそのまま名前の一部として使用しているのですね。

マンチカンとミヌエット、それぞれどんな特徴を持つ猫なのか、以下の項目で簡単に紹介します。

マンチカンってどんな猫?

マンチカン

指原莉乃さんの飼っている猫の種類であるマンチカンは突然変異によって生まれた品種のひとつで、短足を持つ猫が多いのが大きな特徴です。ただし、全てのマンチカンが短足というわけではなく、普通の猫と変わらない足長のマンチカンも多数存在します。

指原莉乃さんのマンチカン太郎は、短足タイプのマンチカンなので「マンチカンらしい特徴を兼ね備えた猫」といえるでしょう。

マンチカンの毛色は猫によってさまざまです。レッド系やシルバー系、ブラックやホワイト、ブルーなど数多くの毛色が存在しているのです。ちなみに指原さんのマンチカン太郎は、トラ柄模様が特徴的な毛をしています。

マンチカンの性格は、人懐っこくてフレンドリー。飼い主さんに甘えてくる猫も多く、指原さんのようにその姿にキュンとときめく人が多いようです。他の猫とも仲良くなりやすい性格をしている子がおおいため、多頭飼いにも向いています。

ミヌエットってどんな猫?

ミヌエットは、マンチカンとペルシャ猫を人工的に交配した結果生まれた品種です。ナポレオンともよばれています。マンチカンのような短足とペルシャ猫のようなふわふわの毛をもっているのが大きな特徴です。

マンチカンに比べるとまだまだ知名度の低い猫種ではありますが、近年徐々に人気が出てきており、指原莉乃さんが飼ったことによってさらに注目度がアップしたので、そのうちペットショップなどでも頻繁に見かけるようになるかもしれません。

ミヌエットは性格に関しても、マンチカンとペルシャ猫の影響を強く受けています。マンチカンはフレンドリーで好奇心が旺盛なのに対し、ペルシャ猫は大人しく警戒が強い猫が多いです。

そのため、マンチカンのような好奇心と、ペルシャ猫のような穏やかさを併せ持っています。ただ、あまり構いすぎてしまうと嫌気がさしてしまうことも多いようなので、ミヌエットを飼う場合は猫の様子に合わせ、時にはそっと見守ってあげることも必要です。

指原さんが猫を飼うようになったきっかけ

指原莉乃さんは、タレントのダレノガレ明美さんが「CoCo美」ちゃんという猫を飼ったことを知り、それが猫を飼うきっかけになったと話しています。

元々、指原莉乃さんは猫が大好きだったようで「いつか猫を飼いたい」と思っていたそうです。周りの芸能人が猫を飼った影響によって「自分も猫を飼おう」と決意したみたいですね。

「猫を飼おう」と決意をして、最初に家に迎え入れたのがマンチカン太郎でした。そして、マンチカン太郎を飼い始めてからしばらく経った頃、二匹目であるミヌエット五郎も迎え入れ、現在に至ります。

ちなみに、指原莉乃さんは「自分は猫アレルギーなのではないか」と長年思っていたそうで、猫を飼う前はあまり猫と接触する機会もなかったようです。

しかし指原さんは、元AKBのメンバーである前田敦子さんの飼っている猫を触った際にアレルギー反応が全く出なかったため、猫アレルギーは自分の思い込みだった…なんていうエピソードも残っています。

猫アレルギーじゃないという事実が分かったことも、「猫を飼いたい」と思いを後押しするきっかけになったのかもしれません。

まとめ

指原莉乃さんの飼っているマンチカン太郎とミヌエット五郎は、まだ年齢も若い元気な猫のようです。なので、これからもたくさんの成長や新しい一面を見せてくれるのではないでしょうか。今後の猫たちの近況にもぜひ注目しておきたいところですね。