坂本美雨さんは超猫好き!愛猫の名前や品種、結婚式のエピソードなど

坂本美雨さんは超猫好き!愛猫の名前や品種、結婚式のエピソードなど

坂本美雨さんが大の猫好きである事実は皆様ご存知でしょう。しかし、どのくらいの猫好きさんであるかをご存知な方は少ないかもしれません。この度は坂本美雨さんの猫好き度と運命の同志である愛猫のサバ美についてお伝えをしたいと思います。

483view

坂本美雨さんの愛猫『サバ美』

サバ柄の雑種で「サバ美」という名前の女の子です。
ナンシー関さんの人柄が好きだった坂本美雨さんはサバ美を「ナンシー」という名前にしたかったのだそうですが、初めて保護された時にボランティアさんから「サバ美」と呼ばれて駆け寄ってきたという話を聞きサバ美という名前を変更しない事にしたそうです。

サバ美との運命の出会い

2010年の里親募集サイトに載っていたサバ美の写真に坂本美雨さんが一目惚れしたそうです。凛として上品で意志が強いサバ美は一瞬にして坂本美雨さんを虜にしました。坂本美雨さんの小さな頃、坂本家で初めて家族に迎えた「タビ」という猫とそっくりであった事も理由のようです。

サバ美の性格

サバ美は姫気質の性格ですが、人間が大好きな甘えん坊さんです。
地域猫や保護猫であった猫たちの多くは警戒心が強く人間に心を開くのに時間がかかってしまいます。おまけにサバ美は保護された時人間のいたずらによりロープで木に縛り付けられていたそうです。

虐待をされながらもボランティアさんから「サバ美」と呼ばれ捕獲器ではなく抱っこで保護されたという「人間を信じ続ける」素晴らしい精神の持ち主であるサバ美です。

坂本美雨さんの家にやって来た途端にラグに寝転んでお腹を出していたそうです、本当に大物です。2010年5月5日に坂本美雨さんの元に来ました。写真のその時のサバ美の様子です。

坂本美雨さんのサバ美への愛

坂本美雨さんは「傷つけられても心を開き続けたサバ美を尊く感じ、一生守っていく」と強く決心します。

出会った当日に抱っこをしながら「ねぇ、サバ美、私でいいの?」と小さな声で聞いたそうです。
坂本美雨さんの猫への関わり方に私も感動したエピソードです。

坂本美雨さんの猫好きエピソード

坂本美雨さんにはネコ親戚がいる

  • 留守時のお互いの猫のお世話
  • 猫に関する相談や情報交換

人生の大切な友達であるネコ親戚が坂本美雨さんにはいます。大変に信頼をし合えるネコ親戚です。

お互いに家の鍵を預け猫の世話をする事は勿論のこと、猫と人間との関係を深く考え合う仲間でもあります。核家族、共働き、そして一人暮らしの多い現代ではますます動物は大切な存在です。坂本美雨さんの働きかけは無くてはならないものでしょう。

坂本美雨さんはサバ美と結婚式をあげた!

ドイツの男性が愛猫セシリアと結婚式を挙げている記事をネットで坂本美雨さんが読んだ事によります。セシリアは長く生きられないので思い切って結婚式をあげたそうです。

サバ美に対しての愛情を表現するためには、坂本美雨さんがサバ美との結婚式をあげ披露パーティーを行う事は必然だったようです。ネコ親戚に見守られながら素敵な結婚式をあげた坂本美雨さんでした。

全く猫とは関わりのなかった未来の夫となる山口博之さんも坂本美雨さんとサバ美との結婚式に列席しています。

ネコ吸い浮気現場?

ネコ吸いが人気となり、坂本美雨さんに飼い猫を吸ってもらいたいという飼い主さんが増えたようでネコ吸い会が開かれたようです。浮気現場と書き著す坂本美雨さんは、本当に猫好きさんなのですね。
ネコ吸いにつきましては次の項で説明をさせていただきます。

「ねこのうた」やサバ美グッズ

2019年に猫の日に向けて大沢伸一さんと坂本美雨さんコラボで「ねこのうた」が作られています。大沢伸一さんの飼い猫である「クロスケ」、坂本美雨さんのサバ美も登場します。
歌を通じて猫の保護活動や猫の理解を深める活動を行っています。その他サバ美のグッズを制作し、一部分は猫の支援活動に寄付されています。

坂本美雨さんが流行らせた「猫吸い」とは

坂本美雨さん著書「ネコ吸い」の本より抜粋させていただきます。

  • ネコとのスキンシップを伴うコミュニケーションの一種。愛情の交歓の行為。
  • ネコの身体の様々な部分に顔をうずめ、心を無にし、深く呼吸をすること。
  • ネコ吸いを行う人のこと。

日頃愛している猫へ愛情を表現する行為が「ネコ吸い」です。猫との対話であると坂本美雨さんは語っています。
しかし猫によって吸われ上手な猫、抱っこさえ苦手な猫など様々です。決して強い力では猫を吸わないこと、猫の嫌がることはしない事が肝心だそうです。

ネコ吸いの仕方

  • 語りかけ、優しく撫でる
  • 仰向けにし、前足を開く
  • 心を無にして猫を吸う

コミュニケーションの一つですから猫の様子を見ながら距離を縮める事が大切です。

猫の準備が整ってきましたら仰向けにして、前足の付け根から優しく開きます。
ゆっくりと顔を近づけて被毛に顔をうずめ深く吸います。念を入れ過ぎたりしないで心は無にする事がポイントです。顔で猫の被毛の柔らかさを感じるとよいそうです。

気持ちの良い場所に寝転がっているようなイメージで行えば飼い主も猫も気持ちがリラックスします。
「お花畑にいるような気持ちで」と坂本美雨さんの説明があります。飼い主からの念は猫にとって負担になる場合が多いようですから抑えて、限りなく幸せな気持ちで行ってくださいね。

ネコ吸い写真

ネコ吸いのお手本となっているサバ美は相当の「吸われ上手」だそうです。坂本美雨さんの説明によりますと吸い方には様々あります。全身どこでも「ネコ吸い」は行えますので、くれぐれも飼い主さんと愛猫のリラックスできる吸い方をしてくださいね。

背中吸い

帰宅してすぐサバ美ちゃんの背中を吸っている坂本美雨さんの様子です。すぐに眠ってしまったそうです。

マイケル吸い

猫を抱きかかえながら吸うマイケル吸いはマイケルジャクソンが帽子に手を添えるような形です。素敵ですね。

坂本美雨さんの飼っている猫の画像

怒っているサバ美

坂本美雨さんがお風呂に入って出たらサバ美が「待たせ過ぎ!」と怒っていたそうです。可愛いですよね、怒られたいですね。

上から覗くサバ美

興味のある物があったのでしょうか、坂本美雨さんも「どうした?」とサバ美に聞いています。うーん、素敵なショットですね。

丸くなるサバ美

くるっと丸くなっているサバ美です。坂本美雨さんの「寝子」というコメントも素敵です。

靴下のサバ美

サバ美は靴下の猫だったのも一目惚れの要因の一つと坂本美雨さんは言っています。可愛いドラえもんのようなふんわりさです。

恍惚の表情のサバ美

坂本美雨さんの上に乗っているようです。うっとりした表情のサバ美は素敵な夢を見ているのでしょうね。

朝の目覚め

サバ美のふみふみでしょうか、猫ちゃんの朝はまた格別の可愛さです。坂本美雨さんの横にぴったりと居るのでしょうか?

ネコ吸い後?

坂本美雨さんのネコ吸いの後でしょうか、前でしょうか。サバ美は足の間にしっかりはまっています。

甘えるサバ美

急がしかった坂本美雨さんを独り占めするように抱えて甘えるサバ美です。今日は離さないよと言っているかもしれませんね。

嫌がらないサバ美

猫あるあるのようにサバ美は嫌がらないそうです。坂本美雨さんがサバ美は吸われ上手と書いてましたが、他の事に関しても色々と嫌がらないのですね。

仲良し

坂本美雨さんとサバ美はとにかく仲良しです。まだ二人だけの生活の頃の写真ですからハネムーンのような様子ですね。

誘うサバ美

早く寝ようよと誘うサバ美に「今日は早く寝るよ」と坂本美雨さんが語りかけている様子です。良かったね、サバ美ちゃん!

キャットタワーの上のサバ美

猫とタワーも素敵なショットです。夜明け前の坂本美雨さんはサバ美がいるので頑張れるのですね。

熟睡のサバ美

猫らしく転がって寝ているのでしょうか。坂本美雨さんの撮影したサバ美の撃沈猫ショットです。

まとめ

坂本美雨が飼っている猫の名前や品種、結婚式のエピソードなどについてお伝え致しました。
坂本美雨さんのサバ美ちゃんに対するコメントも写真も本当に素敵でした。坂本美雨さんの人柄が伝わる素敵な「ネコの吸い方」も、ぜひご覧下さいね。その他、猫に関連する雑誌によく坂本美雨さんの特集も組まれています。名実共に「坂本美雨さんの猫好き」は証明されています。
これからも坂本美雨さんには、ますます猫との架け橋になっていただきたいですね。

スポンサーリンク