エド・シーランは愛猫を溺愛!専用のインスタグラムも紹介

エド・シーランは愛猫を溺愛!専用のインスタグラムも紹介

日本でも有名なエド・シーランさんが大の猫好きとしても有名なことをご存知でしょうか?イギリスのシンガーソングライターとして「グラミー賞」を4回も受賞するほどの実力の持ち主ですが、彼の愛猫へ注ぐ愛も桁外れなようです。この記事ではエド・シーランさんの愛猫家としての一面がわかるエピソードなどをお伝えいたします。

783view

エド・シーランさんの猫について

Calippo(カリッポ)とDorito(ドリト)

Calippo(カリッポ)はスコティッシュフォールドで、Dorito(ドリト)は茶トラではないかと言われています。この2匹の猫は、エド・シーランさん本人のインスタグラムにもたびたび登場しています。

この投稿をInstagramで見る

Sunday = cat picture. Also, watch Game of Thrones tonight x

Ed Sheeranさん(@teddysphotos)がシェアした投稿 -

エド・シーランさんに引き取られた経緯は不明ですが、2匹とものびのびと暮らしている様子から、幸せな生活を送っていることが伝わってきます。

この投稿をInstagramで見る

Hunting

Calippo & Doritoさん(@thewibbles)がシェアした投稿 -

毎日エド・シーランさんのそばで歌声を聞きながらのんびり過ごしていると思うと、羨ましい限りですね。

Braham(ブラハム)

この投稿をInstagramで見る

Daddy's home

Ed Sheeranさん(@teddysphotos)がシェアした投稿 -

Braham(ブラハム)は雑種で、生後1ヶ月のときに殺処分寸前のところをエド・シーランさんに保護された幸運な猫です。写真の投稿は2014年2月なので、現在は5歳程の成猫になっていると思われます。殺処分寸前の猫を保護するあたり、エド・シーランさんが本当に猫を愛していることが伝わってきます。

Boris(ボリス)

この投稿をInstagramで見る

Hanging out with Boris

Ed Sheeranさん(@teddysphotos)がシェアした投稿 -

Boris(ボリス)については情報があまりないようですが、鼻先の黒い斑点がチャームポイントです。2014年5月の投稿なので、現在では満5歳程になっていると思われます。どのような成猫に成長したのかも気になりますが、エド・シーランさんのそばできっと幸せな生活を送っていることでしょう。

エド・シーランさんの飼い猫専用インスタグラムについて

この投稿をInstagramで見る

Buy it, stream it, download it, whatever y’all do these days #IDontCare

Calippo & Doritoさん(@thewibbles)がシェアした投稿 -

2018年7月25日にエド・シーランさんは、自身の飼い猫、Calippo(カリッポ)とDorito(ドリト)専用のインスタグラムを開設しました。フォロワーは37万人を超え、世界的に有名な猫と言っても過言ではありません。

「thewibbles」というアカウント名で、現在までに100件近い投稿をしています。Calippo(カリッポ)とDorito(ドリト)のありのままの日常の様子が投稿されていており、癒される写真ばかりです。

エド・シーランさんと言えば、歌手のテイラー・スウィフトさんとお互いを親友と呼び合うほど仲がよく、二人とも大の猫好きとして有名です。二人のインスタグラムにはたびたびお互いが登場するなど、仲の良さがうかがえます。

ちなみに、エド・シーランさんの活躍に密着したApple Musicのドキュメンタリーでは、インタビューの際に子猫たちに囲まれて対応するという斬新なシチュエーションが話題になりました。番組内では、子猫たちに囲まれてご機嫌なエド・シーランさんの表情を確認することができます。

猫に対する愛情やありのままの姿を見せているからこそ、エド・シーランさんは世界中で愛されているのかもしれませんね。

エド・シーランさんの猫が登場するアニメMV(ミュージックビデオ)

2017年3月に発売されたアルバム「÷(ディバイド)」に収録されている「スーパーマーケット・フラワーズ」のミュージックビデオには、エド・シーランさんの飼い猫が登場しています。

全編アニメーションになっていて、イラストを手がけたのは「きょうの猫村さん」で知られるほしよりこさんです。

ほしよりこさんは、エド・シーランさんのルーツであるアイルランドやロンドンなどを訪れ、作品のイメージを膨らませたようです。制作期間は10ヶ月に及び約600枚のイラストを描き上げた大作となっています。

ほしよりこさんらしい鉛筆の柔らかなタッチや、淡い色使いが楽曲によくマッチしていて、聞く人の気持ちをより穏やかにしてくれます。

エド・シーランさんの曲で作った猫島のPR動画

こちらの動画は、「猫島」の相性で知られる福岡県新宮町の相島(あいのしま)が、エド・シーランさんの「シェイプ・オブ・ユー」という楽曲を使って制作した島のPR動画です。

相島は、アメリカCNNニュースで「世界6大猫スポット」の1つに選ばれるなど近年注目を集めており、島内では約150匹の猫たちが自由気ままに暮らしています。

「Dear Mr. Ed Sheeran」から始まる映像からは、いつの日かエド・シーランさんにも相島を訪れてほしい、圧倒的な知名度を誇るエド・シーランさんを通して世界中の人々にも相島を知ってほしいという強いメッセージが込められています。

エド・シーランさんはこのPR動画に対して「訪れてみたい」とコメントを返しています。いつの日か本当に実現したら世界中が盛り上がること間違いないでしょう。

エド・シーランさんは来日の際猫カフェに来ていた

エド・シーランさんは過去に日本へ来日した際、猫カフェにも立ち寄っていたという情報があります。エド・シーランさんが実際に来店したのは、池袋にある「Cat Cafe ねころび」です。JR池袋駅から徒歩6分程度の場所にあり、明るい店内の中には約20匹の猫スタッフがいます。

エド・シーランさんのお気に入りの猫スタッフは「小太狼」というマンチカンのオス猫です。毛並みがとても美しく店舗でも人気の猫スタッフで、今も現役猫スタッフとして活躍しています。少し心臓が弱く、ケージで休んでいることもあるようです。

忙しいスケジュールの中でも、猫カフェを訪れるエド・シーランさんの猫へ対する愛情がよくわかるエピソードですね。動画には生歌を披露するエド・シーランさんが映っていて、直に生歌を聴けた猫スタッフたちが羨ましい限りです。

まとめ

この投稿をInstagramで見る

??

Calippo & Doritoさん(@thewibbles)がシェアした投稿 -

猫を大切にしている数々のエピソードから、エド・シーランさんの心優しい部分が垣間見えたのではないでしょうか。エド・シーランさんにとって、猫は切っても切れない自分自身の一部となって彼の生活を支えているようですね。

この記事を読み終えた後にエド・シーランさんの楽曲を改めて聞けば、また違った発見や感情に気づかされることでしょう。インスタグラムなどもフォローして、エド・シーランさんの飼い猫の様子をチェックすることも楽しそうですね。

スポンサーリンク