猫のおしりは拭くべきなの?正しい拭き方と注意点

猫のおしりは拭くべきなの?正しい拭き方と注意点

猫は小さな頃は排泄が一人で出来ずに親猫がおしりをなめて排泄を促します。そして排泄後も親猫がおしりを舌で拭きます。では親から離れて暮らしている猫は飼い主がおしりを拭く必要があるのでしょうか?この度は猫のおしりの健康につきましてお伝えいたします。

8752view

猫のおしりは基本的に拭かなくていい

グルーミングする猫

基本的に猫のおしりは飼い主が拭く必要はありません!猫のグルーミングの一環で排泄後は猫はおしりを舐めて綺麗にしていますので人間が「拭く」など手を加えなくても大丈夫です。

ただし問題があるために人間が猫のおしりを拭く方が良い場合があります。

猫のおしりを拭くべき4つのタイミング

1.下痢便や軟便でおしり周りが汚れている!

猫が下痢便や軟らかい便のためにおしり周りが汚れてしまう事があります。そのまま猫自身がグルーミングをして綺麗にするはずですが、拭く様子が見られない時は猫のおしりを拭く必要があるでしょう。

そのまま放っておくと猫のおしりの健康上にも良く無いですし、猫が移動をすると部屋の中は汚れてしまいます。そして猫が下痢や軟便をしないように猫のお腹を整える事も大切です。

猫のお腹に効果のある猫用整腸剤をフードに混ぜたり、軟便になりにくいフードに切り替えておしりを拭く回数を減らすこともおすすめします。

2.猫がおしり周りをグルーミングできない!

猫が高齢になってくるとグルーミングの頻度も減り高齢の猫の代わりに飼い主がおしりを拭く必要がでてきます。そのまま放置しておくと便が固まってしまい肛門に傷が出来る事がありますので気が付いた時には飼い主がおしりを拭くようにしましょう。

3.猫が太り過ぎておしりに届かない!

ふっくら猫が空をとぶ

太った猫は顔がおしりまで届かずに便が肛門に残ったままになってしまう可能性が多くなります。その場合も飼い主が猫のおしりを拭く必要があります。そして太り過ぎないように猫のフード、食べるフードの量を見直す事も大切です。

4.長毛種の猫は便が毛につきやすい!

長毛種の猫は肛門の周りの毛も長い毛が生えていますので、毛に便が付いてしまう事がよくあります。上手に便を付けないで排泄できる猫であれば問題はありませんが苦手な猫には飼い主がおしりの周りを拭く必要があります。

猫のおしりの正しい拭き方

子猫のおしり

排便後のおしりの汚れが乾く前でしたら、お湯で湿らせた柔らかい布やタオルもしくは赤ちゃん用のおしりふきで軽く押さえて便を布やティッシュに吸着させ優しく拭きます。猫の毛のない肛門周りはデリケートですから強くしつこく拭く、こするなどはいけません。

固まった便の拭き方

排便後に時間が経って便がおしりに固まってしまった時は、先ほどのお湯で湿らせた布やタオルを少し長めにおしりにあてて便に水分を移動させておしりからはがれやすくしておきます。

便がふやけてから猫のおしりを優しく拭くようにしましょう。

おしり周りの毛についた便は?

おしり周りの毛についた便を無理に拭くと汚れが余計に広がってしまいます。その場合はノミとりコームが活躍します。便を潰してしまわないようにノミとリコームを毛の流れに沿わせ、優しく便を取り除きます。

排便から時間が経って便が乾いている場合にノミとリコームを使用するとコームに便がひっかかり猫が痛がってしまいます。

まずは便の付いている部分にお湯で湿らせた柔らかな布やタオルをあてます。毛に付いている便に水分が吸収され外れやすくなっている状態で先程と同じく優しくノミとりコームで毛をすくうと便だけが簡単にはがれてきます。

長毛種の猫はおしりの周りの毛を短くカット

長毛種の猫でも排便時に汚さない猫と汚れてしまう猫といます。排便時に汚してしまいやすい猫のおしり周りの毛をあらかじめ短くカットすることにより、長毛種の猫の排便が楽になりおしりを拭く回数を減らせます。

猫のおしりを拭く時の注意点

トイレを使いたい猫

猫のおしりを拭くのにティッシュは使わない

肛門周りは非常に柔らかくデリケートで敏感ですから、猫のおしりを拭く時は硬めのティッシュやウエットティッシュは使わない方が良いでしょう。

柔らかい布やタオル、もしくは人間の赤ちゃん用のおしりふきで猫のおしりを拭くようにしましょう。

おしりを拭き過ぎない

猫のおしり周りの毛の生えていないところは直腸粘膜の続きである柔らかい部分ですから、拭きすぎると炎症をおこしてしまいます。愛猫のために良かれと思っておしりを拭くはずが逆におしりに傷をつけてしまわないように気をつけてください。

一度おしりに炎症をおこすと治りにくい箇所ですので、汚れてしまった場合には無理におしりを拭くのではなく病院で取り除いてもらう、トリミングサロンなどプロに任せるのも一つの選択肢です。

猫が何を嫌がるのか観察

  • おしり周りの毛をカットされるのは嫌
  • おしりを拭くのが嫌い

どのくらいの頻度でおしりを拭くケアが必要になるか調べると良いでしょう。何を嫌がるかもそれぞれの猫によって違います。

おしり拭く頻度が多い猫の場合は、ストレスの溜まらない方法を選択しましょう。

まとめ

ペルシャ猫のうしろすがた

猫のおしりは拭くべきなの?正しい拭き方と注意点についてお伝えをいたしました。以前ですがわが家の愛猫のおしりを拭きましたら非常に嫌がられてしまいました。病院で伺うと汚れておらず飼い主の私の勘違いでした。

猫のおしりの汚れはどこまで拭く必要があるのか知らないと不必要な事もしてしまいます。おしり周りの気になる飼い主さんは一度かかりつけのお医者様にご相談することをおすすめいたします。皆様の愛猫の健康をお祈りしております。