猫トイレをリビングに置く時の3つのポイント

猫トイレをリビングに置く時の3つのポイント

猫のトイレをリビングに置きたいと考えている方必見!今回は猫のトイレをリビングに置く時の3つのポイントをご紹介します。そして、猫のトイレをリビングに置く時の注意点や、うまく猫のトイレをリビングに設置する方法などもまとめましたので、是非参考にしてみてくださいね。

2370view

猫トイレをリビングに置く時のポイント

部屋の角にある猫トイレに入る猫

みなさんは猫のトイレをどこに置いていますか?家の広さや猫がよくいる場所によっては、猫のトイレをリビングに設置している、という飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、猫のトイレをリビングに置くことで気になるのは”ニオイ”、そして”砂の飛び散り”ですよね。

ここでは、猫のトイレをリビングに置く時のポイントをいくつかご紹介します。

砂の粒が大き目の物を使う

リビングと言えば食事をしたり、家族がくつろいだりする場所ですよね。場合によっては家族だけではなく、友人や親せきなどの来客者も必ずと言っていいほど訪れる場所。だからこそ猫砂の飛び散りが気になる人も多いのではないでしょうか。

猫砂の粒は細かい物から大き目の物まで、様々な物が売られています。細かい粒の猫砂を好む猫もいるようですが、基本的には慣れてもらえば問題はありません。思い切って大き目の粒の猫砂へと変更してみましょう。

いきなり猫砂を変えてしまうと嫌がる猫も多いので、トイレを二つ並べ、片方は今までの猫砂、もう片方を新しい猫砂にしてみましょう。慣れるまでに数日かかることも多いのですが、長くても数日経つと新しい猫砂が入ったトイレで用を足してくれるようになることがほとんどです。

どうしても猫が新しい猫砂のトイレを使ってくれない!という場合は、「猫は綺麗好き」という習性を利用し、心を鬼にして今までの猫砂が入ったトイレのお掃除をサボってみてください。猫は汚れているトイレを嫌いますので、自然に綺麗な新しい猫砂が入ったトイレを使用してくれることが多いです。

システムトイレを使用する

猫のトイレはニオイがキツくなりやすく、細かい鉱物系の砂だと1週間もしないうちにアンモニア臭が漂ってきます。家族がくつろぐスペースでもあるリビングが、猫のおしっこ臭いと嫌ですよね。

そこで、猫のトイレをリビングに置く際に私がオススメするのは”システムトイレ”です。システムトイレは下段にあるシートでおしっこを吸収してくれますので、おしっこのニオイがほとんど気にならないことが特徴です。

猫砂は猫がウンチをした時に、ウンチにくっついているものだけが減るので、我が家はリビングには3つのシステムトイレを設置していますが、7匹の猫で使用しても1度砂を入れれば1つのトイレにつき、システムトイレ用の猫砂は1袋で1か月もちます。

システムトイレ用の猫砂は他の猫砂に比べると少し高く、1袋1000円程になりますが、1か月もつことを考えるとかなりお得です。我が家は多頭飼育なので、下に敷いているシートは1週間に2回ほど交換しますが、1匹なら1週間に1回で十分だそうです。

シートもシステムトイレ専用の物が販売されており、安いメーカーの物を使用するよりも、正規品の消臭シートを使用したほうが消臭効果が期待できます。

システムトイレを設置する際には、1か月に1回猫砂を全入れ替え、丸洗いすることで、いつまでも清潔な状態を保つことができます。

今まで鉱物系の砂や紙の砂、おからの砂やお茶の砂など、様々な物を使用してきましたが、1番コスパがよくニオイが気にならないのは、やはりシステムトイレでした。猫があまり入ることがない他の部屋には、紙の砂を入れたトイレや鉱物系の砂を入れたトイレを設置するようにしています。

猫も気分によって好きなトイレを使用しているようです。

トイレの下に汚れてもいい物を敷く

猫がトイレから出た際に、ウンチを床に飛ばしてしまったりウンチが付いた砂が飛び散ったりすることがあります。完全なる猫部屋の場合には、あまり気にしないことも可能ですが、猫のトイレをリビングに置いている場合には、はやり衛生面で気になってしまいますよね。

そんなときには、汚れたら外して洗えるタイルマットや、汚れたときにすぐに捨てることが出来る新聞紙などを敷くことをオススメします。

猫のトイレをリビングに置いても良い?

猫用システムトイレ

猫のトイレをリビングに置くこと自体は問題は特にありません。しかし、神経質な猫の場合人間がいる場所で用を足すことを嫌がることもあり、粗相を繰り返してしまうことがあります。それを防ぐには、やはり猫の性格を知ることが大切です。

いきなり猫のトイレをリビングに設置するよりも、今までの場所にもトイレを設置し、新たに猫トイレを増やしリビングにも設置する、という方法で「猫がリビングにあるトイレを使うのか?」、「嫌がる素ぶりはないか?」など、猫の様子を伺うことをオススメします。

部屋の真ん中に設置するよりも、部屋の角に設置する方が猫も安心することが多いと言われています。そして、猫のトイレをリビングに置く時には、置き場所に注意する必要があります。食事をする場所から遠ざけ、出来るだけ清潔な環境を心がけるようにしましょう。

まとめ

猫のトイレと部屋

今回は猫のトイレをリビングに置く時のポイントや、猫のトイレをリビングに置く時に注意したいことをまとめました。我が家も猫がいる場所は基本的にリビングなので、リビングにはシステムトイレを3つ設置しており、猫があまり行くことのないほかの部屋には、1つずつ猫用トイレを設置しています。

猫のトイレをリビングに置く時に1番気を付けたいのはニオイですよね。一番人が集まる部屋が臭いと、家族や来客だけでなく、猫でさえ嫌になってしまいますので、リビングに猫のトイレを設置する際には、ニオイが気にならないシステムトイレがオススメです。

人気のキーワード