猫に必要なカロリーと餌の量について

猫に必要なカロリーと餌の量について

猫も人間もカロリーをとらないと活動することが出来ませんが、カロリーを取りすぎると肥満の原因となりよくありません。猫ちゃんに適切な量の餌を与え適切なカロリー摂取をさせる為に、適切なカロリーと餌の量を把握しましょう。

1618view

1日に必要な猫のカロリー

大皿で食事する猫
  • 成猫の適正なカロリーは体重×80カロリー
  • 運動量の少ない場合は体重×70カロリー

公式では成猫の健康を守る為の適正なカロリーは「体重×80カロリー」という計算式となっています。体重3Kgの猫ちゃんなら240カロリー(3Kg×80カロリー)、6Kgの猫ちゃんなら480カロリーとなります。しかし、これはあくまで目安です。

最近は室内飼いの猫ちゃんも多いですし、運動が大好きな子嫌いな子も多いです。完全室内飼いで、運動量が少ない猫ちゃんなら、公式の計算式より少な目の「体重×70カロリー」で計算してください。

子猫の適正なカロリー

食事をする子猫
  • 子猫は成猫よりも多くのカロリーが必要
  • 体重×200カロリーで計算

子猫は急速に成長する身体に対応するため、成猫よりも多くのカロリーを摂取しないといけません。成猫が体重×80カロリーに対し、子猫は体重×200カロリーと成猫よりも2倍以上の比率のカロリーを摂取することになります。つまり子猫が0.2kgの場合必要となるカロリーは40カロリーとなります。

生後間もない子猫の場合

生後間もない猫ちゃんはミルクのみでこのカロリーを摂取する必要がありますが、一気にこの量を飲むこともできませんので1日に数回に分けてあげてください。

生まれたての子猫は1日で体重が増加しますので、毎日体重を図り体重にあったカロリーを与えられるようにしっかりと計算しましょう。

子猫のカロリーから成猫のカロリーの以降時期

4週に入ると離乳食が始まります。その後離乳食から子猫用のフードに移行し、生後6カ月を過ぎ、体重も3Kgとなったら成猫の通常のカロリー量にして問題ありません。

子猫用のキャットフードはカロリーが高めなので餌の量には注意してください。カロリーが足りないのは問題ですが、カロリーを取りすぎるのもよくありません。しっかりと餌の量を管理してあげましょう。

猫のカロリー計算おすすめサイト

パソコンの前にいる猫
  • 様々な要因にそってカロリーを計算できる
  • 猫のカロリー計算サイトを使う

猫のカロリー計算は、室内飼いや運動量の他にも、去勢済みか?持病はないか?何の猫種か?今現在の体型は肥満か痩せすぎではないか?

子猫や高齢猫ではないか?などの細かい要因によって変わってきます。そんな細かい事を言われたらわからない!と、お困りの方はご安心下さい。世の中には便利なサイトがあります。

獣医師広報番
↑こちらのサイトは獣医師広報番というサイトで、「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」という目的で設立されたウェブサイトです。

こちらの中にある「ネコのカロリー計算」は、細かい項目を選べるので愛猫にあったカロリーを簡単に計算できます。無料なので是非ご活用してみてください。

成猫のカロリーと餌の量

ご飯の前にいる猫
  • 猫の体型や種類によって様々なフードがある
  • フードによってカロリーが違う

愛猫の適正な1日の摂取カロリーがわかったところで、次は適正な餌の量についてです。猫が食べるご飯であるキャットフードにはたくさんの種類が存在します。

肥満気味の猫ちゃんの為に開発されたカロリー控えめのフード、食欲が落ちる高齢猫ちゃんの為のカロリーが高めのフード、腎臓が弱い猫ちゃん用のフード、長毛種の猫ちゃんの為のフードなど様々です。

フードのカロリーは、メーカーや種類によって異なります。そのフードのカロリーは裏面のラベルに記載されていますので、計算をした1日のカロリーに照らし合わせてあたえてあげるようにしましょう。

高齢猫のカロリーと餌の量

老猫とご飯
  • 高齢猫は食べる量が減る
  • 体重×60カロリーで計算

高齢猫つまりシニア猫となった場合、運動量はさらに減り1日に必要なカロリーは「体重×60カロリー」となります。とは言ってもシニア猫となると、食べる量が減ってしまい必要なカロリーを摂取できない猫ちゃんが多いです。その為、カロリーが高めに作られている高齢猫用のフードを与えることとなります。

しかし、シニア猫ちゃんの中には肥満気味の子やまったく食欲が落ちない猫ちゃんもいます。そういった場合は高カロリーなシニア猫ちゃん用のフードではなく、肥満気味のシニア猫用のキャットフードを選んで与えるようにしましょう。

まとめ

キャットフードと猫

今回は猫の適正なカロリーと適正な餌の量についてご紹介しました。健康を守るうえで、食事はとても大切です。食べ過ぎても食べなさすぎてもよくないので大食いの猫ちゃん、少食な猫ちゃん、それぞれに合わせてカロリーを計算し与えてあげるようにしましょう。

人気のキーワード