猫にとって『危険な構造の家』と事故防止策3つ

猫にとって『危険な構造の家』と事故防止策3つ

猫にとって家の中は敵に遭う事もなく安全な場所ですが、近代的になればなるほど違う危険性が増えてきます。それでは家の中のどこが危険なのか考えてみたいと思います。

786view

台所へ侵入しやすい家

台所に乗ってお肉に顔を近づける猫

好奇心旺盛な猫にとって、台所は楽しくそして危険な場所です。水道の蛇口で遊ぶのが好き、食べ物が出てくるのを知っている、作業台がジャンプするのにちょうど良い高さであるなど、様々に遊ぶことができます。

しかし、危険な食べ物を誤食してしまう、安全装置の付いていないコンロのスイッチを押して火傷をしてしまう、包丁で怪我をしてしまう、落とした食器で怪我をしてしまうなど、予想外の事故が起こってしまう注意の必要な場所です。

落下の危険性のある場所

ベランダの柵に乗っている猫

ロフトやベランダなどがある家では、完全室内飼いであっても出入りを自由にしているかもしれません。猫は階段を利用している戸建て暮らしでなければ1階なのか2階以上なのかは分かっていないでしょう。

柵をジャンプして飛び越えたり、柵の隙間から落下したりしてしまう事故も多くあるようです。

脱走のしやすい家

玄関の棚に乗って扉を見つめる猫

網戸のない窓、玄関から飛び出しやすい構造の家も注意が必要です。外に興味を持っている猫はちょっとした隙間から脱走しようとします。特に窓や玄関の開閉では注意が必要です。

帰宅時に偶然大きな音がして、玄関に出迎えに来ていた猫が恐怖から驚いてドアから飛び出すこともあります。

1. 侵入&脱走予防ガード

ネットの付いた窓辺にいる猫

台所への侵入を防ぐために台所の入り口に猫がジャンプしても飛び上がれない高さのドアを取り付けましょう。カウンターがある場合は金属製のネットやアクリル板で塞いでおきましょう。

猫の性格によっては料理中や留守番中のにガードだけで済ませられる場合もあるでしょう。玄関には玄関のドア前に一枚扉を、窓には脱走防止ガードを取り付ける方が安全でしょう。

2. 転落防止ネット

ネットの取り付けられたベランダに座る猫

ロフトやベランダからの転落を防ぐために防止ネットを取り付けると良いでしょう。すり抜けられないように大きな編み目ではなく小さめのタイプを探してください。運動の得意なタイプの猫には金属製のネットの方が安全かもしれません。ちょっとした空間でも出入りができますので、しっかりと隙間をなくしましょう。

3. 床への滑り止め

カーペットに爪を立てる猫の手アップ

フローリングの多いツルツルと滑る床の家も猫の爪がひっかからないので関節を痛めてしまう危険性があります。滑り止め防止に猫の動線にカーペットを敷いたり脱走防止素材の床にしたりしてあげましょう。階段のある家にも滑り止め対策を講じた方が良いでしょう。

まとめ

立ち上がってベランダから外を覗く猫

猫にとって『危険な構造の家』と事故防止策3つについてお伝えいたしました。人間にとってオシャレな家が猫にも快適とは限らないのが辛いところですよね。

ただし、猫と暮らすのでしたらお互いに安全に過ごせるように猫の個性を知ることが大切になりますね。

スポンサーリンク