進化にバンザイ!猫との生活に活用したい「強い家具」3つ

進化にバンザイ!猫との生活に活用したい「強い家具」3つ

猫は可愛いですが、爪を研ぐ、毛玉を吐く、おしっこをしてしまう、よじ登る、飛びつくなどその習性で部屋にある家具や設備、インテリア製品などを壊したり汚してしまうこともあるようです。また、これらの強度や安全性が高くないと猫自身にも危険が及ぶ可能性もゼロとは言えないでしょう。そこで今回はそんな猫と一緒に暮らしていく上で活用できる家具の特徴(インテリア、エクステリアも含む)をいくつかまとめてみました。

628view

1. 猫の習慣に対応したソファ

猫に爪を研がれたソファ

家具の中でも、特に猫ちゃんにボロボロにされやすいのがソファです。ソファは居間などに置くことが多く、お客さんなどの目に付きやすい家具ですし、購入価格も決して安価とは言えないものです。

それだけに猫と一緒に暮らしている場合は、できるだけ丈夫で傷が付きにくかったり汚れにくい素材の物を選びたいものです。

猫の習慣として飼い主さんが困ってしまうことに関しては爪研ぎ、毛玉を吐く、おしっこをするなどがありますが、最近ではこのような猫と一緒に暮らす人用に考えられた家具もいろいろと開発されているようです。

例えば「猫や犬の爪に強いソファ」や「引っ掻き傷に強いソファ」などがあります。これらは表面に爪の傷がつきにくい加工が施されていたり、撥水(はっすい)加工で水に強いといった特徴があるようです。

新しい素材

また、猫との暮らしに強いソファ素材としてスエード、合皮、ラムース、レザーテックスなどが挙げられるようで、スエードは爪研ぎに強いなどの利点があり、合皮はツルツルしていて汚れても拭き取りやすいなどの長所を持っています。ラムースは旭化成という企業が開発した素材で、レザーテックスは九州にある関家具という所が開発した素材になります。

これらの新しく考えられた素材もそれぞれ水、汚れに強い、引っ掻き傷に強いなどの特徴を持っていて、中には合皮などの家具を置いてそれでもダメだったという人が、さらなる品質を求めて購入することもあるようです。

このように近年では、猫との暮らしに適応した素材のソファがたくさん考案されていますので、自分の猫ちゃんは爪研ぎ、毛玉吐き、おしっこをしてしまうなどどんな癖があるかを考えて、その問題に特化している素材のソファを選ぶと良いでしょう。

2. 猫に破かれにくい網戸

網戸越しにトカゲを見る猫

猫は網戸が大好きでよじ登って遊ぶということも多いようです。猫がなぜこのように網戸が好きなのかはっきりとは分かりませんが、網戸に登って景色や外にいる動物や虫を眺めるのが好きだったりするのも、一つの理由かもしれません。

網戸破損のリスク

しかしながら、網戸に猫のよじ登られると様々な生活上の問題や、猫自身にも危険が及ぶ可能性も出てきます。その例としては猫に爪を引っかけて登られることによって網目の大きさが広がり、そこから虫が入ってきてしまう、猫自身が破損した所から脱走したり、高い階層の場合は落下事故に繋がることもあるなどが考えられます。

新製品の開発

このような猫と網戸の問題に対して近年では、ペットに破かれにくい網戸も続々と開発されていて、例えば網目が通常の物よりもさらに強度を増すようにコーティングされていて、破かれにくいなどの特徴があります。

これらの強度のある網戸は、ネット通販やホームセンターで購入することができますので、猫が網戸に登って困っている方は検討してみてもよいかもしれません。

3. 猫に飛びつかれない、光が優しい照明

猫と光

よくおしゃれなデザインで、天井から吊り下がっているタイプの照明がありますが、これはユラユラとしている動きが猫ちゃんの興味を引き、飛びつかれたりすることもあるようです。

これらの照明は壊れてしまうこともそうですが、なによりも飛びついて破損し、猫自身も怪我をする可能性があるので、吊り下がっているタイプの照明は猫を飼っているお宅には、あまりおすすめできるデザインとは言えないかもしれません。

このような破損や危険を防ぐために可能であれば、家の照明の形は天井にぴったりと接したシーリングライトを選ぶのが望ましいでしょう。

また、猫は眩しさに対する感覚が鋭く蛍光灯の光を強すぎると感じることも多いそうなので、LEDや白熱灯などの優しい光の照明器具を使ってあげると快適に過ごしやすいそうです。

最近では照明にも様々な形のデザインの物があったり、光についても好みの明るさに調整できたりもしますので、ぜひ猫に優しい照明器具を選んであげましょう。

まとめ

景(カゲ)

いかがでしたか?近年では猫にも人にも優しい暮らしを目指す家具が増えてきているようです。ぜひ猫ちゃんにとっても安全かつ暮らしやすく、飼い主さんにもできる限りストレスを感じにくい丈夫、汚れにくいといった特徴を備えた家具を探してみてくださいね。

スポンサーリンク