猫が快適な留守番環境とは?5つの条件

猫が快適な留守番環境とは?5つの条件

猫は基本的に留守番を苦もなくしてくれる一人暮らしでも飼いやすい頼りになる動物です。猫に気持ち良く留守番をしてもらうためにどうしたら良いでしょうか、様々に考えてみたいと思います。

1914view

1.すぐに食べられるフードと水がある

水を飲む猫

猫を留守番をさせる時の最大の心配事は、やはり「食べる」「飲む」でしょう。猫には時間を決めてフードを与えた方が良いとされますが、少しずつ食べる猫、一気に食べてしまう猫など個性豊かで決まった形が無いのが現状です。

猫を5時間以上留守番させるならばドライフードをお皿に入れたままにしたり、大食いの猫には自動給餌器も利用した方が良いでしょう。

水もあちらこちらに置いて、猫が飲みたいなと感じた時にすぐに飲めるようにしてあげましょう。

2.トイレは気持ちよくしたいニャ〜

トイレから出る猫

留守番中は、トイレを新しい状態でしてもらえるように「飼っている頭数+1」のトイレを必ず用意しておきましょう。トイレの形状や猫砂も猫の好みに合わせ、飼い主がいる時と同じような気持ちでトイレをしてもらえるように、工夫してあげてくださいね。

3.独りで遊べる物がある

タワーに乗る猫

猫は留守番をしている間、眠る以外にも様々と動いています。猫らしい行動としては遊びやパトロールがあります。飼い主がいなくても楽しめるオモチャやキャットタワー、そしてキャットウォークを用意し遊べるようにしておきましょう。

ただし、誤飲をしてしまうようなおもちゃには大変に注意が必要です。なお、留守番をさせる回数が多いと分かっている場合は、始めから一匹ではなく二匹以上家族に迎えると、猫同士で遊んでくれるので安心です。

4.家の中を自由に行き来できる

室内を歩く猫

暖かい場所と涼しい場所を自由に行き来できるようにしておくと、猫のストレスが溜まらず気持ちよく過ごせます。暖かい場所として窓際や布団の上を考え、涼しい場所は風通しの良い所やお風呂場、珪藻土の上などを利用するのも良いでしょう。

暖かな日差しが強すぎる場合は、熱中症に注意する為にカーテンを閉めて留守番をさせる方が良いでしょう。

5.長時間の留守番はさせない

窓際から覗く猫

食事時間を沢山作らなくて良い猫でしたら、10時間前後の留守番が出来るようですが、半日以上の留守番をさせる場合は、途中で知り合いやキャットシッターに家の様子見をお願いし、トイレの掃除や食べ物を与え直す方が良いでしょう。

まとめ

ジュ

猫が快適な留守番環境とは?5つの条件についてお伝え致しました。一人暮らしと猫は相性がよく、猫に留守番をさせる機会はますます多くなるでしょう。

猫の個性を知って、気持ち良く楽しく留守番をしてもらえるように、飼い主も楽しく努力するようにしたいですね!

スポンサーリンク