ごはんを食べない猫には、おやつを与えて補うべき?

ごはんを食べない猫には、おやつを与えて補うべき?

猫ちゃんがご飯を急に食べなくなってしまったときに、せめておやつだけでも与えるべきか悩んだことはありませんか。猫ちゃんの健康的にどちらが良いのかを調べてみました。

345view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

ご飯代わりにおやつはいいの?

おやつを貰う猫

猫ちゃんがキャットフードを口にしないときに、おやつを与えている飼い主さんはいらっしゃらないでしょうか。ご飯に対して食欲がわかない猫ちゃんでも、おやつが出てきたときは口にしようとするのではないでしょうか。

しかし、ご飯の代わりにおやつを与えることはNGです。基本的におやつを与え続けてしまうと、猫ちゃんにとって体調を崩す原因になりかねないからです。食欲がないからおやつを与えているだけなのに!と考えてしまうところですが、大切な部分ですので飼い主さんは知識として入れておきましょう。

主食の代わりにはならない

おやつとを見る猫

おやつはどんなに猫ちゃんが食べてくれても、主食の代わりにはなりません。おやつはカロリーが高めであり猫ちゃんが食べたくなるように、においにも工夫がされています。しかし主食ではないので必要な栄養分は含まれておりません。

そのため人間でいうとジャンクフードに近い感覚かと思われます。ジャンクフード…やはりこのようなものを毎日食べていると、体に良くないことが起きてしまうことは想像しやすいですよね。猫ちゃんもその通りに肥満の原因や体調を崩してしまったり、毛並みの艶が悪くなってしまったりすることがあります。

ご飯を残す原因になっている可能性

ご飯を食べる猫

当初は「ご飯を残してしまったり、食べなくなったからおやつをあげていた」はずなのに、もしかするとおやつを食べ続けたがために、ご飯を残してしまっている可能性があります。おやつには猫ちゃんがおいしそうに感じられるように、キャットフードの総合栄養食よりも食欲がわくようにおいしそうに作られています。

そのため猫ちゃんがその味に慣れてしまうと、普通のキャットフードでは物足りなくなり、「あの味じゃなきゃだめにゃ」と思ってしまっている可能性があるのです。舌が肥えてしまっているような状態ですが、この状態になってしまうと、キャットフードを食べていた毎日に戻すことは大変なので、なるべくおやつで補うことは控えましょう。

依存性

スプーンでおやつを食べる猫

上記ともつながるのですが、猫ちゃんのおやつはキャットフードよりおいしさを追求しているものが多く、猫が依存してしまうものがたくさんあります。おいしそうに食べてくれる姿は微笑ましいですが、その顔が見たくて毎日あげてしまうと猫ちゃんはおやつ以外を食べたくないと思ってしまいます。そのため、おやつは量を調整しながらあげるようにしましょう。

まとめ

おやつを貰う猫

ご飯を食べないのであれば、おやつは与えないようにすることは大切なことです。お腹がすくように調整してあげることで、猫ちゃんもいつものキャットフードを口にしてくれやすくなりますので、飼い主さんは様子を見ながら、おやつをあげましょう。

スポンサーリンク