誰もが諦めた命…奇跡の生還を遂げた子猫のビフォーアフターに衝撃!

誰もが諦めた命…奇跡の生還を遂げた子猫のビフォーアフターに衝撃!

シェルターに収容され、譲渡された時はその子猫は生き残れないかもしれないと言われました。里親になった女性は、子猫にはセカンドチャンスが必要だと懸命にお世話しました。その結果、子猫は驚くべく変貌ぶりを見せました。

1804view

愛とケアの結果

子猫

その子猫は、助からないだろうと誰もが思っていました。

しかし、子猫は自分の運命と闘い、死の淵から生還することができました。

その結果、子猫はセカンドチャンスを得ることができました。

障がい

彼は、シェルターで一番体が小さく弱々しく、食事もとれない状態でした。さらに右足に2つのつま先があるという奇形だったのです。

確信

彼の養母であるジャスティナ・ストルミライテさんが、小さな子猫の「ブラウニー」を引き取ってからも、ブラウニーはなかなか食べないため体重が増えず、深刻な状況となりました。でもジャスティナさんは、この試練を乗り越えられると確信していました。

ジャスティナさんは、ブラウニーに必要な栄養とケア、そして愛を与え続けました。

乗り切る

ブラウニーが1年以上生きられるとは誰も思っていませんでしたが、ジャスティナさんだけは彼が乗り切れることを信じていました。

そしてついに食べさせることができました!

最後に

ブラウニーはやがて太り始め、元気に大きく成長しました。

3歳になったブラウニーの写真です。あんなに小さくて弱々しかった子猫の見事な変身ぶりです!

※この記事及び写真の投稿は、ジャスティナさんの許可を頂いて行っております。

スポンサーリンク