部屋の模様替えをする時、猫に配慮すべきこと5つ

部屋の模様替えをする時、猫に配慮すべきこと5つ

猫と暮らす家では、なるべく猫の身の回りの環境を変えないほうが、望ましいのですが…。どうしても模様替えをする必要があることも、あるでしょう。そんな時、どういう点を配慮すれば、猫に優しい模様替えができるでしょう?

469view

1. 猫のものは破棄しない

ゴミをあさる猫

模様替えをする時、古くなった猫のものを、新調したい気分になることがあります。でも、猫が慣れ親しんだものを破棄してしまうと、猫が落ち着かなくなる恐れがあります。

猫のものはなるべくなら破棄せず、そのままにしておいてあげましょう。自分の匂いが染み付いたものがあると、たとえ模様替えとしたとしても、猫は落ち着いて過ごすことができるでしょう。古くなって破棄する場合も、せめて1つだけでも、猫のものは残してあげてください。

2. 猫トイレの場所

トイレとゴミバケツの間にいる猫

模様替えをする際、猫のトイレの場所を変えることになるかもしれません。ですが、突然トイレの場所が変わると、猫は戸惑ってしまいます。最悪の場合、トイレを我慢したり、粗相してしまったりするかもしれません。

猫のトイレの場所はなるべく変えないでいてあげてください。変えなければいけない場合は、少しずつ場所を移動してあげると良いでしょう。

3. 少しずつ行う

女性と猫

猫は環境の変化を嫌います。模様替えする際、一気に変えてしまうと、猫がストレスを溜めてしまうかも。

少しずつ行うことで、猫のストレスを和らげることが可能です。一気に変えたくなるのも分かりますが、猫に配慮して一部ずつ変えて行くほうが、無難です。急激な変化は、猫の望むことではありません。

4. 外を見れる場所の確保

外を見る猫

模様替えによって今まで見えていた外の景色が、見れなくなってしまった…こんなことになっては、猫が可哀想です。猫が外を見るための場所は、確保しておいてあげましょう。

もし可能なら、模様替えついでに窓の近くにキャットタワーを置いてあげると、喜ばれます。模様替えのプランに猫が喜ぶことも組み込んであげると、より良いですね!

5. 静かに模様替え

眠る子猫

模様替えの際、どうしても出てしまうのが、大きな音。致し方ないとは言え、ドタバタとした様子には、猫が怖がってしまうかも。なるべく静か〜に、模様替えしましょう。

まとめ

えびす

模様替えは、猫も喜ぶ形で行えると、一番良いですね!猫になるべくストレスをかけず、模様替え後に猫が喜んでくれるような、プランを考えてあげてくださいね。

スポンサーリンク