猫に『レーザーポインター』を使う時の絶対NG行為3つ

猫に『レーザーポインター』を使う時の絶対NG行為3つ

猫の目は人間の目よりも繊細で、強い光に弱いといった特徴を持っています。そのため、猫用おもちゃのレーザーポインターで遊ぶ際も、猫の目に悪影響を及ぼさないように注意する必要があります。本記事では、レーザーポインターの扱い方の注意事項について紹介していきましょう。

1117view

レーザーポインターは注意して扱わないといけない!

レーザーポインターで遊ぶ猫

ペットショップなどに行くと、猫用おもちゃとしてレーザーポインターが売られているのを確認することができます。猫が食いつきやすいおもちゃとして人気が高いですが、実は扱い方を気をつけないと思わぬ事故に繋がる可能性もあるのです。

本記事では、レーザーポインターを使って猫と遊ぶ時に絶対してはいけないNG行為について、紹介していきます。

NG行為1:猫の目に光を当てる

サングラスをした猫

猫の目はとても繊細です。カメラのフラッシュのような強い光を、猫の目に当てるのはNGとされています。レーザーポインターの光はフラッシュほど強いものではありませんが、それでも長時間猫の目に当ててしまうと、大きなダメージとなってしまう可能性があるのです。

そのため、レーザーポインターの光を絶対に猫の目に当てないように注意しましょう。

NG行為2:つけっぱなしのままレーザーポインターを放置する

レーザーポインター

猫とレーザーポインターで遊び終わった後も、油断は禁物です。レーザーポインターの光をスイッチオフするのをうっかり忘れてしまった場合、人目のない時に猫がレーザーポインターで勝手に遊んでしまう可能性もあります。

もし、人間の監視がない場所で猫がレーザーポインターを遊んだ場合、レーザーポインターの光が猫の目に入ってしまう恐れがあるため危険です。なので、必ずレーザーポインターの光を切ってから、遊び終わるように徹底しましょう。

NG行為3:猫用おもちゃ以外のレーザーポインターを使用する

レーザーポインターでプレゼンする人

猫用のおもちゃとして販売されているレーザーポインターではなく、プレゼン用として使うレーザーポインターや、イベント用の強力なレーザーポインターを使って猫と遊ぶのは危険です。

海外製品には注意

また、日本で作られている猫用のおもちゃとして販売されているものは、レーダーポインターの光も比較的弱く、1mW未満の出力に設定するように法律で決められています。しかし、海外製のものはまた規定が異なる場合もあるため、猫用のおもちゃだとしても強い出力に設定されている可能性があります。

なので、海外製のレーザーポインターを使う場合は、光が強すぎないか、必ず説明書などをチェックしてから使用しましょう。

まとめ

光を見つめる猫

レーザーポインターは猫にとって、とても魅力的なおもちゃです。しかし、人間側が扱い方を誤ってしまうと、猫が目を痛めてしまう原因になりかねないため、注意しながら遊ぶようにしましょう。

猫用おもちゃのレーザーポインターによって猫が失明したという話はさすがに出ていませんが、それでも不安な場合は、猫じゃらしやけりぐるみなど、レーザーポインター以外のおもちゃで遊んであげるのもひとつの対策です。

スポンサーリンク