猫のサマーカットのオススメする点と注意すべきこと

猫のサマーカットのオススメする点と注意すべきこと

夏の暑い時期、サマーカットをする犬は多くいます。では猫はどうなのでしょうか?猫がサマーカットをする場合の利点と注意点などをまとめてみました!猫のサマーカットを考えている方はぜひ参考にしてみてください。

42486view

SupervisorImage

記事の監修

東京農工大学農学部獣医学科卒業。その後、動物病院にて勤務。動物に囲まれて暮らしたい、という想いから獣医師になり、その想い通りに現在まで、5頭の犬、7匹の猫、10匹のフェレットの他、ハムスター、カメ、デグー、水生動物たちと暮らしてきました。動物を正しく飼って、動物も人もハッピーになるための力になりたいと思っています。そのために、病気になる前や問題が起こる前に出来ることとして、犬の遺伝学、行動学、シェルターメディスンに特に興味を持って勉強しています。

猫にサマーカットは必要なのか

トリミング中の猫

もうすぐ夏がやってきます。猫は年中フワフワの被毛に覆われていて、なんだかとても暑そう・・・。夏は暑さ対策の為、飼い主も冷却シートを用意したり1日中エアコンをつけておいたりと、猫が熱中症にならないよう十分に気を使わなければなりません。調べてみた所、猫も犬同様サマーカットをするぶんには問題が無いようです。

そこで、猫にサマーカットすることのオススメの点と注意点についても調べてみました。もちろん長毛種に限らず短毛種でもサマーカットは出来るので、参考にしてみてください。

猫のサマーカットのおすすめの点と注意点

トリミングした猫

猫もサマーカットすることは可能だということがわかりましたが、ではオススメの点と注意点を見てみましょう。

猫をサマーカットにする場合の利点

  • 通気性がよくなり、涼しくなる
  • 皮膚の状態チェックがしやすい
  • 長毛種の場合、被毛のお手入れが簡単になる

サマーカットをした猫の体感温度は、確実に下がります。ですから、出来るだけ涼しく夏を過ごしてもらうためにサマーカットは最適と言えるでしょう。

そしてサマーカットをすることで通気性がよくなる為、湿気が多い夏に起こしやすい皮膚炎を防ぐことが出来ます。もしも皮膚炎になってしまった場合も、サマーカットをしていることによって皮膚の状態が見やすく、異常に気付いてあげやすくなります。

特に長毛種の猫にはサマーカットがオススメで、その理由の一つとして被毛のお手入れが簡単になると言うことがあります。また、長毛種の場合、被毛が長く絡まりやすいため、毛玉ができやすいのですが、猫をサマーカットにすることにより毛玉も防ぐこともできます。

猫をサマーカットにする場合の注意点

  • 日光が直接皮膚にあたってしまう
  • 毛がなかなか生えてこなくなる
  • 猫のストレスになる場合がある

皮膚が丸出しになるほど短いサマーカットにした猫は、日光が直接肌にあたり紫外線に当たることが多くなってしまいます。夏に皮膚病を防ぐためにサマーカットを・・・と考えていても、結果的には逆に紫外線による皮膚病を引き起こす可能性もあるのです。もしも猫のサマーカットを考えている場合は、皮膚が丸見えにならない程度にカットしましょう。

そしてサマーカット後、まれに発毛が見られなくなることがあるのをご存じでしょうか?それだけではなく、バリカンで一気に被毛を丸刈りにした場合、毛質が変わってしまったり、季節が変わるまで毛が伸びない…なんてことも少なくはないようなので、ご注意ください。

猫は毛繕いをし自分を安心させる習性がありますよね。サマーカットにより急に被毛が無くなってしまった不安から、ひっきりなしに皮膚を舐め毛繕いをする場合もあります。猫好きの方ならもちろんご存知だと思いますが、猫の舌はとてもザラザラしておりトゲのようなものが生えています。

そのため、皮膚が丸出しになるほど短いサマーカットにした場合、皮膚を直接毛繕いし続けることになり、皮膚が傷ついてしまうこともありますので、神経質な猫は要注意です。伸び途中や生え途中の毛が、過剰な毛繕いによって切れてしまい、なかなか毛が元通りにならない、という場合もあるようです。また、猫にカットをすること自体、長時間の拘束やバリカンの音などで猫に大きなストレスを与えることになってしまう場合も多いでしょう。

まとめ

丸刈りにされている猫

猫のサマーカットについてオススメする点と注意すべき点をご紹介しました。猫をサマーカットにする場合は、長毛種や暑い時期に涼しい環境を整えるだけではなくさらに涼しくさせてあげる必要がある場合など、どうしてもの必要性を感じられる時のみで良さそうです。

サマーカットで被毛がなくなり丸刈りになった猫・・・。確かに可愛くてクスっと笑えるのですが、猫にとって良いかと言われれば微妙な所です。猫が過ごす環境や性格などから、よく考えてサマーカットするか判断しましょう。

スポンサーリンク