猫を丸刈りにしてもいいの?危険性や実際のやり方を調べてみた

猫を丸刈りにしてもいいの?危険性や実際のやり方を調べてみた

猫を飼っていると換毛期に訪れる大量の抜け毛や、毛玉などの悩みがあるかと思います。夏になると丸刈りにしてスッキリさせている猫ちゃんを見かけるようになった気がします。ペットサロンのHPを見てみると猫の丸刈りをおこなっているところもあり、実際のところは危険性を伴う恐れがあります。猫を丸刈りにすることでどんな危険性があるのでしょうか?

1619view

猫を丸刈りにしても問題はないがおすすめではない

バリカンで毛を刈られている猫

メインクーンやラグドールなどの長毛種の猫に夏のシーズンに丸刈りにしてスッキリさせているケースがよく見られます。長く厚い被毛を丸刈りにすることで涼しく過ごせそうですし、床に落ちる抜け毛の量を減らすことができるといった良いイメージがあります。

ですが猫種によって様々な被毛があるのはちゃんと意味があるため、丸刈りしても問題はありませんが危険性を伴うためおすすめはしません。では実際に猫を丸刈りにした場合、どんな危険性があるのでしょうか?

猫を丸刈りにする危険性

毛を刈られている首にカラーをつけた猫

皮膚に炎症を起こす

皮膚疾患がない健康な猫でも、被毛を短く丸刈りにしてしまうと日光がダイレクトに皮膚に当たり赤く炎症を起こす危険があります。特に夏は直射日光がとても強いため、窓際で日向ぼっこしただけでも皮膚に大きなダメージを与えてしまいます。

体温調節ができなくなる

猫の被毛は冬の寒さから体温を維持したり、夏では毛づくろいすることで被毛に付着した唾液が蒸発し体温を下げる大事な役割を持っています。

しかし丸刈りにすることで体温管理がうまくできなくなり、お腹が冷えて下痢を起こしてしまうようになります。猫は暑さに強いですが寒さには弱いため、冬では体温が下がりやすくなり体調不良を起こす原因にもなります。

皮膚が傷ついたり、裂けることもある

私たち人間と比べて猫の皮膚はとても柔らかくて繊細です。そのため丸刈りをする際にバリカンの刃によって皮膚が傷ついてしまう危険性があります。

落ち着きがなかったり、暴れる猫は動くことによって皮膚が裂けてしまうリスクが高く、大変危ないです。

ストレスや体の負担がかかる

猫の丸刈り自体、猫にとって大きなストレスをあたえてしまうことになります。サロンや動物病院など慣れない環境と、バリカンの音、終始ジッとしなくてはいけません。

猫は記憶力がいいので、バリカンの音など特定の音に拒絶し過呼吸になることもあります。

また麻酔下でおこなうこともあるため麻酔によるリスクや、それに伴う体の負担もかかります。特に年齢が高齢になるほど体の負担は大きく、体調を崩してしまうこともあります。

猫を丸刈りにするメリット

バリカンと丸刈りになった猫

熱中症のリスクを減らす

猫の被毛は夏毛と冬毛があり、気温が高く暖かくなると冬毛が不要となり夏毛に生え変わるメカニズムがあります。

ですが完全室内で飼われている猫は体感気温が室温ということになるため、生え変わりがうまくできないことがあります。そのため丸刈りにすることで熱中症のリスクを減らすことができ、涼しく過ごすことができます。

皮膚病を防ぐ

夏や湿度が高い梅雨の時期は皮膚が蒸れて皮膚病を起こしやすくなるため、丸刈りにすることで皮膚病を防いでくれます。また丸刈りにすることで猫の皮膚が健康がどうかチェックすることもできます。

毛玉ができにくくなる

長毛種の猫は毛玉ができやすく皮膚トラブルを起きやすいです。丸刈りすることで毛玉ができにくくなり皮膚炎を防ぐことができます。

また丸刈りによって不要な被毛も一緒に取り除けるので、グルーミング際に飲み込む被毛の量を減らすことができます。

猫を丸刈りするやり方と料金の目安

トリマーにブラッシングされている猫

トリマーにお願いする

犬だけではなく猫のトリミングも対応しているサロンもありますので、プロのトリマーさんにお願いする方法が多いかと思います。

丸刈りのみのカットの料金はおよそ3000円〜5000円程ですが、シャンプーも一緒におこなう場合は別料金が発生するので、合わせて10000円ぐらいかかるようです。

また被毛の長さによって短毛種と長毛種では料金が異なる場合が多いため、確認する必要があります。サロンやトリマーさんによっては猫の丸刈りでも一般的な全身バリカンもあれば、ライオンカットなどの種類があったり、バリカンの刃のミリ数も長さを変えることができるので、どんな風に丸刈りにするか、バリカンの刃を何ミリにするか相談しておくといいでしょう。

動物病院でお願いする

動物病院の中でもトリミングをしているところもあります。獣医師がいるので万が一の時に対応できるので安心感があります。

私が勤務している動物病院もトリミングをしており、獣医師の指示の下でおこなっております。ですが暴れて怪我する危険性などを考慮し、丸刈りをする際は必ず全身麻酔をかけます。そのため料金もサロンと比較するとやや高い傾向があり、麻酔をかけるので体の負担もかかります。

一時的にお預かりするので院内感染予防のためにワクチン接種を済ます必要があったり、年齢や体調によっては延期やお断りすることもあります。

バリカンでセルフカットする

お家で丸刈りにする方法もあり、サロンなどに行かなくて済むので費用を安く抑えることができます。サロンや動物病院に行かなくて済むので、猫のストレスをなるべく軽減することができるメリットもあります。

猫の皮膚は敏感なので必ず猫用のバリカンを選んでおこなってください。また安全のためにも1人でやろうとせず、保定者をつけておこなってください。

猫を丸刈りにするときの注意点

青いバリカンと抜け毛

猫を丸刈りにする際に、無理矢理に押さえつけてやろうとするとバリカンの音で怖がってしまったり、暴れて大怪我する恐れがあります。猫の様子を見ながら、もしシッポを左右に大きく振って機嫌が悪く、嫌がるようであれば一旦中断し、日をあらためてコンディションがいい時に再開しましょう。

猫は物音に対して敏感ですが中には大きな音が大嫌いな猫もいますので、低騒音や低振動などのバリカンを選ぶようにすることです。丸刈りでも顔や四肢、尻尾などは危険なのでプロのトリマーさんにお願いしてください。

まとめ

カーペットの上で熟睡する家猫

猫の丸刈りは被毛をスッキリさせることで暑さから熱中症を防いだり、毛玉ができにくくなるといったメリットがありますが、丸刈りによって被毛を短くなることで体調不良や皮膚トラブルなどを起こしてしまう恐れがあります。

お家でおこなう方法もあれば、サロンやトリミングが併設している動物病院などでも猫の丸刈りを対応しています。極端に被毛を短くし過ぎないように気をつけていただけば、トラブルを防ぎ安全に過ごすことができるでしょう。

丸刈りにする前にこまめにブラッシングをすることでスピーディーに済ますことができ、丸刈りにかかる時間が短縮し猫のストレスを減らすことができます。普段の日常生活から適度なブラッシングを心がけて慣れさせてあげることも大切だと思います。

スポンサーリンク