猫の耳毛は切っても大丈夫?カットする時の注意点

猫の耳毛は切っても大丈夫?カットする時の注意点

猫の耳をよく見ると、結構立派な耳毛が生えている事に気がつきます。この耳毛、本当に必要なのでしょうか?「ウチは猫の耳毛、カットしてます!」という飼い主もいるようなのですが、本当に大丈夫でしょうか?猫の耳毛を切っても問題ないのか、また、カットする時はどういう点に注意すれば良いのかを、解説しています!猫の耳毛カットを考えている飼い主はぜひご参考にされてください。

1292view

猫の耳毛、切っても大丈夫?

上を向いている猫

猫の耳毛は、切ると命に関わるとか、猫の運動を妨げるとかはありません。ただ、猫の耳毛は、耳の中へのゴミや虫の侵入を妨げる役割がありますので、外に出る猫の場合は、避けた方が良いでしょう。

どのような猫が耳毛をカットした方が良いかというと、完全室内飼いで尚且つ、スコティッシュフォールドのような垂れ耳で、耳毛が耳を塞いでいる猫、もしくは体質的に耳垢が溜まりやすい猫です。耳垢が溜まりやすく、かゆみが出て猫が掻いてしまい、出血する場合もあります。

そのような猫の場合、耳毛がもっさもさしているとどうしても通気性が悪くなり、耳垢が溜まりやすいのです。酷くなると耳が詰まるなど病気の原因となりますので、耳毛カットすると、改善される可能性があります。耳毛カットをする前には必ず、なぜ耳垢が溜まりやすいのか、原因を動物病院で診て貰ってください。耳ダニなどの異常で耳垢が多い場合は、そちらの治療が最優先となります。

何も異常がないのに、耳垢が溜まりやすくて困っていた、というスコティッシュフォールドの飼い主さんが耳毛カットをしたところ、耳垢が少し減ったのと、耳掃除がしやすくなった、という方がいらっしゃいます。元々耳の脂が多くて耳垢がすぐに溜まり、痒くて掻いて流血していた雑種の猫も、飼い主さんが耳毛カットをした事で、劇的な改善を見せた、というケースも。

猫の耳垢を減らすには、他にも餌を変える、耳洗浄をする、という手段がありますが、それでもダメな場合の最終手段として、耳毛カットを考えてみると良いでしょう。

猫の耳毛カットのやり方と注意点

じっと前を見ている子猫

猫の耳毛をカットする際は、以下の点に気をつけながら行いましょう。

  • ハサミは先の丸いもので
  • しっかり固定して行う
  • マメなカット

ハサミは先の丸いもので

ハサミと猫

猫の耳毛カットに使うハサミは、先端が丸くなったものの方が安全です。尖ったものですと万が一猫が動いた時などに、刺さる危険性があります。猫の耳毛がきちんと切れるものであれば、猫用のハサミではなくても、大丈夫でしょう。猫が怖がらなければ、ペット用バリカンを使ってもOKです!

しっかり固定して行う

固定されている猫

猫が耳毛のカット中、不意に動く事があります。できれば2人で行うと良いでしょう。1人が押さえて、1人がカットする方が、安全です。おとなしい猫であれば、寝ている時にサッと耳毛をカットしても。愛猫を傷つけないように、十分注意してください。特に耳の中はかなり繊細なので、刃先が触れないようにしましょう。

マメなカット

耳をかいている猫

耳毛は、カットしてもまたすぐに生えてきます。愛猫の耳の健康を保つには、マメなカットが必要となります。耳毛カットを嫌がる猫の場合は、カット後におやつを与えて、耳毛カットをすると良いことがある、と覚えて貰いましょう。根気よく何度も行えば、分かってくれるはずです。カット時に優しく声かけをするのもよいでしょう。

猫の耳毛のそもそもの役割とは?

横を向いている猫

猫の耳毛は、前述したように耳の中にゴミや虫が入るのを防いでいます。ちなみに耳垢の匂いは、虫除けとも言われています。メインクーンやサイベリアン、一部の雑種猫には、「リンクスティップ」と呼ばれるヤマネコのような、耳の先端からピンと立つ耳毛が生えています。

ヤマネコ
メインクーン

このリンクスティップは狩りの際、わずかな音や風の動きも感知できる為に発達した、と考えられます。我が家の猫にも、1匹このリンクスティップを持っている猫がいます。リンクスティップは特に、猫の耳垢や耳の汚れとは関連がありませんので、言わずもがなですがカットしないようにしてあげてください。

まとめ

猫の耳

猫の耳毛も、中々奥が深いですね。普段あまり良く見ない場所だけに、こんなに耳毛は個性溢れるパーツなのかと、驚きを隠せません。これを機に、猫の耳毛にも興味を持って頂けたら、幸いです。猫の耳毛も含めて、これからも猫を、愛でていきましょう!

人気のキーワード