猫のトリマーになるには?お仕事内容や必要な資格

猫のトリマーになるには?お仕事内容や必要な資格

猫と関わる仕事はいくつかありますが、その中でも猫のトリマーというお仕事があります。今回は猫のトリマーのお仕事内容や、猫のトリマーになるために必要な資格などについてまとめました。

915view

猫のトリマーとは?

ハサミとグレーの猫

猫のトリマーとは猫のトリミングを行う人の事

猫のトリマーとは、猫のトリミングを専門とする職業の方の事を言います。トリマーという言葉自体はよく聞きますが、「猫のトリマー」と言われてみるとあまり聞き慣れない言葉ですよね。

猫のトリマーが少ない理由

実際に、犬のトリマーをしている人はよく見かけるものの、猫専門のトリマーをしているという人は、少ないイメージがあります。その理由として、猫の場合犬とは違い、一般的にはトリミングが必要な猫は長毛種だけだと言われているので、ハッキリ言えばあまりニーズがなかったということが大きな理由だと言われています。

猫のトリマーが近年増加

しかし猫の人気は年々上昇しており、長毛種の猫を飼育しているという人もどんどん増えてきているように思いますし、最近では猫のサマーカットというものもよく聞きます。

そこで「猫が好きで、猫のトリマーになりたい!」と考える人もいるのではないでしょうか。とは言っても、実際に「猫のトリマーの資格」というものがあるわけではないそうです。では、猫のトリマーになりたい場合には、どのような資格が必要なのでしょうか?

猫のトリマーになる方法

勉強する女性

猫のトリマーに必要な資格

  • キャットケアスペシャリスト
  • ペットトリミングアドバイザー

猫のトリマーになりたい場合、「キャットケアスペシャリスト」の資格があればOKだと言う情報もありますが、「トリミングを中心に知識を揃えたい」という人の場合、「ペットトリミングアドバイザー」という資格がオススメです。

この資格を持っていると、犬や猫のトリマーについて基礎的な知識やトリミングの手順の知識を持っていると認定されます。同時に「トリマー開業インストラクター」の資格が取れるところもあるので、猫のトリマーになって自分でトリミング店を開業したいという方は同時に資格が取れるところを探すと良いかもしれません。

猫のトリマーに必要な資格『I.C.Cキャットグルーマーライセンス』

それ以外にも、「I.C.Cキャットグルーマーライセンス」という資格も猫のトリマーになりたい人にはオススメだと言われていますが、こちらの場合A,B,C段階に分かれて資格を取ることになり、かなり時間がかかってしまうのだそうです。

具体的にどれくらいの時間がかかるのかと言うと、

  • C級・・・会員になってから1年以上経ち、養成機関での養成が終わり実務経験が2年以上
  • B級・・・C級を取ったあと実務経験を1年積み、養成機関で課程を終わらせる
  • A級・・・B級にあがったあと実務経験を2年以上積む

とのことでした。更にA級を取得後、3年以上の実務経験を積むことで教師になることも可能です。

I.C.Cキャットグルーマーライセンスについて

猫のトリマーのお仕事内容

バリカンと猫

猫のトリマーのお仕事内容ですが、基本的にはブラッシングやシャンプー、長毛種の猫のカットをするのがメインになります。お尻周りの毛を2~3か月に1度カットするという飼い主さんが多く、犬のように全身をカットして整えるということは少ないように思います。また、猫のトリマーはブラッシングやシャンプー、トリミングだけでなく、肛門絞りや爪切り、耳掃除なども同時に行うこともあります。さらに、最近では猫のトリマーが猫のしつけ教室や健康相談を行っているトリミング店も多く、カットするだけではないということが明らかになっています。

猫のトリマーのデメリット

ブラッシング中の猫

猫のトリマーのデメリットとしては、収入面やケガをする恐れがあるなど、この2つが大きな問題かと思います。

猫のトリマーさんは高収入は見込めない

猫のトリマーの場合、犬等のトリミングも行っている一般的なトリミング店には、あまり猫のトリミングを希望する人がこないという点から、トリミング料金は犬よりも安い場合が多く、全体的に年収は低めになっています。

ですから、猫のトリマーで高収入を求めている人には向いていないかもしれません。どちらかと言えば、「猫が大好きで、猫のためのトリマーになりたい」という人向けです。

猫のトリマーはケガが多い

そして何よりも、猫は環境の変化にとても敏感な生き物なので、慣れない場所では豹変してしまう場合も多く、猫のトリマーさんが噛みつかれたり引っ掻かれたりして、ケガをしてしまうことも少なくはありません。

猫のトリマーになるなら専門店で!

逆に、猫のトリマーがいる猫専門のトリミング店の場合は猫の為だけのトリミング店ということもあり、一般的なトリミング店よりもトリミング料金が高めな傾向にあります。

猫のトリマーは、猫に関する専門知識も豊富に必要になりますので、勉強してきたすべてを生かせるという点でも、猫のトリミング専門店で働くことをオススメします。

猫にトリマーは必要?

毛をカットされるグレーの猫

猫にトリマーが必要な場合もある

猫にトリマーが必要かそうでないかと言われれば、「長毛種ならば数か月ごとにトリミングが必要」という結論になります。

また、長毛種でなくても、定期的に愛猫をトリミング店でお風呂に入れてもらうという飼い主さんや、夏になったら愛猫にサマーカットをするという飼い主さんもたまに見かけますので、そのような場合にも猫の知識が豊富である猫専門のトリマーは必要だと言えます。

全体的に猫をペットとして飼育する人が増えたことから、昔に比べると猫のトリマーが十分に活躍できる時代にはなってきていることがわかります。

まとめ

サマーカットされる猫 背中に肉球マーク

今回は猫のトリマーについてまとめました。

愛猫のトリミングのために資格をとり、愛猫専門トリマーになるも良いですし、せっかくなので資格を生かし愛猫家のみなさんに喜んでいただけるようプロの猫のトリマーを目指すのも良いですよね。

猫のトリマーになるための資格は沢山ありますので、自分にあった方法で猫のトリマーを目指しましょう!

人気のキーワード