後ろ足が動かない子猫が路上に…保護され車椅子で歩く姿に涙!

後ろ足が動かない子猫が路上に…保護され車椅子で歩く姿に涙!

路上で彷徨っているところを保護された子猫は後ろ足が動かない様子。その後、おもちゃの車輪を使って里親さん自作の車椅子を作ってもらい自由自在に動けるようになったお話をご紹介します。

639view

後ろ足が動かない子猫、「これで快適に動けるにゃ」

後ろ足を引きずる子猫

カリフォルニア州で、路上をさまよう子猫が保護されました。子猫は後ろ足が使えないようで、引きずりながら歩いています。

動物施設に運ばれたあと、獣医さんの診察を受けますが後ろ足が動かない原因ははっきりと分かりませんでした。そして、体に問題を抱えた猫のケアをしてくれる里親さんに連絡することになり、それを受けた里親さんは快く引き受けてくれました。

里親さん宅で

里親さん宅に到着した子猫は、やんちゃぶりを発揮!後ろ足が使えないにもかかわらず、とても元気に動き回ります。

「バーナード」と名付けられた子猫は、前足をとても上手に使って新しいお家の中を探検中。先住猫さんたちにもご挨拶しています。

とても活発なバーナードのために、里親さんは自作の車椅子を作ることにしました。里親さんが向かったのは、ペットショップではなく普通のお店。そこで調達したのはおもちゃのトレーラー用の車輪でした。

手作りっぽさに愛情がこもっていて素敵です♪

車椅子を装着した途端、家中をちょろちょろと動き回り始めました。自由に動き回れて楽しそうです。めちゃめちゃ速い!

バーナードは、一般の子猫となんら変わりのない好奇心旺盛なヤンチャな男の子です。

後ろ足の片方が回復

それから1週間経った頃、里親さんはバーナードの後ろ足の片方が動いていることに気がつきました。そして、もう車椅子がなくても動き回れるように!もう一方も使えるようになるといいですね。

最後に

片方の後ろ足が使えるようになったバーナードですが、もっと快適に過ごしてもらうため里親さんは車椅子のアップグレードを計画しているそうですよ。どんな車椅子ができるのかな、楽しみですね。バーナードは愛されてすくすくと成長しています!

  • バーナードの保護当時と現在の様子はこちら。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:BazPaws

BazPaws

▼▼ YouTubeチャンネル『BazPaws』はこちら ▼▼
https://www.youtube.com/c/BazPaws/featured

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/BazPaws/

スポンサーリンク