保護施設を卒業し家猫に……“ある日課”を守る姿に胸キュン♡

保護施設を卒業し家猫に……“ある日課”を守る姿に胸キュン♡

毎朝愛猫に見送られて学校や職場に向かうという方も多いのではないのでしょうか。今回はスクールバスに乗って学校に行く女の子のお見送りをする元保護猫ちゃんをご紹介します。

691view

「いってらにゃ〜」とお見送り

譲渡会で

ある動物保護施設の譲渡会に、約8ヶ月間施設で過ごしていたハチワレ猫ちゃんも参加していました。そして、そこに訪れていた素敵な家族に巡り合い、ついに家猫となりました。

永遠の家族が見つかって本当によかったですね!

家族の一員

引き取られた猫は「クレイグ」と名付けられ、新しいお家にもすぐに慣れました。のんびりとした性格のクレイグはとてもリラックスして過ごしています。

日が当たる窓のそばで今からお昼寝でしょうか、毛布をモミモミ。

見守り隊

クレイグは家族の中でも、特に7歳の女の子と大の仲良しです。毎朝女の子が学校に行くために家を出ると、走って後を追います。

向かった先には、スクールバス乗り場、バスが来るまで一緒に待ちます。

スクールバスが来て、女の子が乗り込むまでじっと見守っていますね。

「いってらにゃ〜、気をつけてね」と言っているのかな、とてもお利口さんです。

そして、スクールバスが行ってしまうと、クレイグはお家へ一目散。

クレイグ、ご苦労様でした!

そして、女の子が学校から戻るのをいつもお家で待っています。

このお見送りはクレイグの日課です。きっと“保護者”として女の子を見守っているのでしょう。
一緒に子育てしてくれる、なんとも心強い見守り隊ですね。

  • クレイグのお見送りの様子はこちらから。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:BazPaws

BazPaws

▼▼ YouTubeチャンネル『BazPaws』はこちら ▼▼
https://www.youtube.com/c/BazPaws/featured

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/BazPaws/

スポンサーリンク