安楽死の危機に面した老猫……SNSの力が繋いだ愛の力に涙

安楽死の危機に面した老猫……SNSの力が繋いだ愛の力に涙

長年家族として暮らしてきた猫を”安楽死”させるために保護施設へ持ち込んだ元飼い主。許しがたいこのお話にハッピーエンドが待っているといいのですが...

484view

安楽死寸前の老猫に与えられたセカンドチャンス

保護施設に持ち込まれた老猫

ある日、1匹の老猫が飼い主に連れられて動物保護施設へとやって来ました。驚くことに、その理由は“安楽死”を依頼するためでした。

猫の名前は「マックス」、年齢や飼い主が安楽死を決意し保護施設に持ち込んだ詳細は明かされていません。マックスは確かに年老いていますが、まだまだおもちゃにじゃれつくなど、健康に問題はなさそうですが...

理由はなんであれ、まだまだ生きられる命を強制終了させる権利は誰にもないはずです。マックスに生きるチャンスは無いのでしょうか。

SNSで紹介

施設のスタッフがマックスの話をSNSで紹介したところ、ラミアさんという女性の目に留まりました。ラミアさんは、なんとかマックスを救いたいと考え、すぐさま施設へと向かったのです。

施設でマックスに対面したラミアさんは、彼が「助けて」と言っているのではないかと感じたと言います。まるで子猫のように擦り寄り、一生懸命何かを訴え鳴いています。不安で寂しかったのでしょう。

そして、ラミアさんが新しいママなってくれることになり一緒にお家へ。もう安心していいよ、マックス!

永遠のお家で

ラミアさんの家族になったマックスは、穏やかにリラックスして過ごし、とてもよく“おしゃべり”しています。

ラミアさん:「インスタのフォロワーが900人になったよ、知ってた?」
マックス:「にゃー(知ってた)」
ラミアさん:「知ってたんだ!すごくない!?」
マックス:「にゃー(うん、すごい)」
ラミアさん:「じゃあ、みんなにありがとうって言わなきゃね」
マックス:「にゃー(ありがとにゃ)」

お返事できてお利口さんですね♪

今ではすっかりパーフェクトなパートナーになった2人です!

まとめ

安楽死を頼むために、健康な猫を施設に連れて行くなど理解に苦しみますが、施設のスタッフの機転のおかげでいい飼い主さんに巡り会えて本当によかったですね。ハッピーな気持ちで長生きして欲しいと切に願います。救いの手を差し伸べてくださった施設の皆さん、ラミアさん、ありがとうございます!

  • マックスの保護当時とラミアさんとの微笑ましい会話はこちら。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:BazPaws

BazPaws

▼▼ YouTubeチャンネル『BazPaws』はこちら ▼▼
https://www.youtube.com/c/BazPaws/featured

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/BazPaws/

スポンサーリンク