倉庫で生まれた子猫を緊急保護……最高のパートナーになった現在に感涙

倉庫で生まれた子猫を緊急保護……最高のパートナーになった現在に感涙

最近では、外で暮らしていた猫を保護し、家族に迎える人も増えてきました。飼い主さんと保護猫ちゃん、どのように出会って、どんなふうに共同生活を築き上げているのでしょうか?飼い主さんのリアルな声をお届けします!

824view

【みんなの保護猫物語〜ベジータくんのお話〜】

倉庫で生まれた子猫、垂れ目の美男子に一目惚れ♡

お迎え当日のベジータくん

画像提供:@vegeta_cat22

ある日、知人づたいに、とある会社の倉庫で子猫が生まれたことを知り、見に行くことになったという飼い主さん。

「10匹ぐらい子猫がいて、当時、垂れ目だったベジータくんに一目惚れして、引き取ることにしました。保護日が5/15で、4月に生まれたことはわかっていたので、1ヶ月前の4/15をベジータくんの誕生日にしました」と、その出会いを振り返ります。

お迎えから10日後のベジータくん

画像提供:@vegeta_cat22

ベジータくんを保護してから、「その足でそのまま動物病院に行き、健康診断をして、病院の先生から子猫を育てるアドバイスなども頂き、そこで男の子とわかりました。体重は500gでした」と、迅速にお迎えする準備を整えていったようです。

また、ベジータくんのお名前について、「名前の由来は『ドラゴンボール』から取っていて、おでこのM字が目立つからです」と、教えてくれました。

ご飯を食べない子猫、状況を変えた方法とは?

初めての食事をするベジータくん

画像提供:@vegeta_cat22

飼い主さんのお家にやって来たベジータくん。当初は、「ドライフードをふやかしてミルクと一緒にあげようとしたのですが、全然食べず、鳴いているばかり」だったといいます。

そこで、飼い主さんは、「ミルクボランティアの方と連絡を取り、アドバイスもらいに行ったところ、ご飯と認識していないようで、ペースト状の離乳食をあげてみると食べるようになったので、すごく安心したのを覚えてます」と、解決に至ったそう。

食事のペースをつかんだベジータくんは、「そこからは鳴くことは多かったですが、元気いっぱいでおもちゃに飛びかかったり、私の手で遊んだりしていました」と、お家での生活のペースもつかんでいったようです。

3週間後のベジータくん

画像提供:@vegeta_cat22

子猫をお迎えして大変だったことについて、「一人暮らしをしているため、朝、昼、夕方、夜と仕事をしながら餌をあげないと行けなかったことです。ウェットフードなので置いておくこともできず、仕事のお昼休みには家に帰っていました」と、ベジータくんのお世話をするために色々と調整をしながら過ごしていたという飼い主さん。

1ヶ月後のベジータくん

画像提供:@vegeta_cat22

ベジータくんもまた、そんな献身的な飼い主さんのお世話に応えるように、「1週間もすればだいぶ慣れてきて、私の上で寝るようになりました」と、すっかり心を開いて甘えるようになったそう。

可愛いだけじゃない!行動もイケてるベジータくん♡

1ヶ月半を過ぎた頃のベジータくん

画像提供:@vegeta_cat22

飼い主さんによると、現在のベジータくんは、「とにかく甘えん坊で、元気いっぱい」なのだとか。

2ヶ月半後のベジータくん

画像提供:@vegeta_cat22

「部屋中走り回り、キャットタワーからカーテンレールまで登ったり、冷蔵庫の上にも登ったりします。遊び疲れれば、私の上に乗ったりや足の間に入ってきて寝始め、ちょっと触るとすぐにお腹を見せてきます」と、のびのびと成長している様子がうかがえます。

じっと見つめるベジータくん

画像提供:@vegeta_cat22

また、「私が歩き出すと付いてきて、洗い物をしてる時は台所に登って観察してきます。Twitterではよくイケメン猫と言われます」と、飼い主さん大好きっ子へと成長したよう。

きっと、優しい飼い主さんを、「ぼくが守るニャ!」と、ナイトのような役割をしてくれているのかもしれませんね♡

ベジータくんと飼い主さん、二人三脚の軌跡

3ヶ月現在のベジータくん

画像提供:@vegeta_cat22

ベジータくんとの暮らしで、特に印象に残っている思い出についてうかがうと、「目の前でしっかりご飯を食べてくれた時です。生後1ヶ月で引き取ったこともあり、猫と暮らすのは初めてだったので不安だらけでしたが、食べてくれた時は感動しました」と、教えてくれました。

また、「生後2ヶ月になるまでに色々と経験させた方が良いと聞き、知り合いの生後半年ぐらいの猫ちゃんに会わせました。その時にベジータくんはかしこまっていたのですが、知り合いの猫ちゃんに、ほっぺに猫パンチをされてしまったこともよく覚えてます」と、ベジータくんと飼い主さんが一緒に色々な経験をして、乗り越えながら、過ごしてきたことがわかりますね。

最高のパートナーになったベジータくん

現在のベジータくん

画像提供:@vegeta_cat22

ベジータくんは、「家族であり、1番の癒しです」と、力強く答えてくれた飼い主さん。「ベジータくんの一生は、自分にかかっていると覚悟して引き取りました」と、その決意を明かしています。

飼い主さんとベジータくん、お互いに無くてはならない生涯のパートナーとしての絆が結ばれているに違いありません。

ベジータくん、飼い主さん、素敵なエピソードをシェアしてくださり、本当にありがとうございました!

※この記事は、取材協力者さまのご了承をいただいたうえで制作しています

取材・文/サトウ ミジー

ベジータくんをチェック♪

▼▼ Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/vegeta_cat22

▼▼ YouTubeはこちら ▼▼
https://youtube.com/channel/UCiBan5NA7Q6ZpQgZkWCTzOw

▼▼ TikTokはこちら ▼▼
https://www.tiktok.com/@vegeta_cat22

スポンサーリンク