運命の猫と出会った警察官…人生のパートナーを得て幸せに♡

運命の猫と出会った警察官…人生のパートナーを得て幸せに♡

おまわりさんに保護されるのは、人間だけではありませんでした!心優しい警官が、保護した子猫の“パパ”になるまでをご紹介します。

733view

交差点でさまよう小さなモフモフ

交差点で保護

フロリダ州レイクランド警察署のカーディン巡査は、この日夜勤でした。出勤するとすぐに「とても交通量の多い交差点で子猫がうろうろしている」という通報がありました。

駆けつけると、小さな子猫が週末で激しく車の行き交う道路から、わずか数インチしか離れていない街灯の下で丸くなっていました。

そしてカーディン巡査は、素早く子猫を保護することに成功!

警察署で保護

カーディン巡査は、子猫を警察署に連れて帰りました。その後子猫は、動物管理局 (animal control) に引き渡される予定です。動物管理局の到着を待つ間、警察署にあるケージの中で過ごすことになりますが、ケージはとても大きなもので、子猫なら柵の間から逃げ出してしまう恐れもあります。そこでカーディン巡査は、ダンボール箱で子猫用のベッドを作り、ケージの中に入れました。

快適なベッドで安心したのでしょう、子猫はすぐにすやすやと眠りに落ちました!

新しい“パパ”との出会い

ほどなくして、カーディン巡査の同僚のウォレス巡査が出勤。そしてその子猫に一目惚れしたのです!

心細い様子の子猫のそばに寄り添うことにしたウォレス巡査。子猫もお膝の上でリラックスした様子です。パトロールに出かける時も、段ボール箱ごとパトカーに乗せて行ったそうですよ、子猫ちゃんも心強かったですね!

永遠のおうち

子猫にぞっこんのウォレス巡査は、家族としてお迎えすることに決め、シフトを終えると、一緒に家に帰りました。

お名前は「ケルシー」に決まりました。

新しいお家にすっかり慣れてすくすくと成長したお姿は美猫さん!

まとめ

ウォレス巡査は「彼女はとても愛情深くて賢いです。まるで、交通量の多い場所から離れて、生き残るチャンスが与えられたことを知っているかのようです」と語っています。通報してくれた人、保護してくれたカーディン巡査、そして新しいパパさんに助けられて本当にラッキーでしたね。これからも家猫として幸せに過ごしていけることを願います。

  • ケルシーの保護当時と現在はこちらから。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:BazPaws

BazPaws

▼▼ YouTubeチャンネル『BazPaws』はこちら ▼▼
https://www.youtube.com/c/BazPaws/featured

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/BazPaws/

スポンサーリンク