待ち望んだ運命の猫との出会い…家族の軌跡に感涙

待ち望んだ運命の猫との出会い…家族の軌跡に感涙

令和元年、師走。我が家に大きい出来事がありました。それは生まれる前からずっとずっと待っていた、1匹の保護猫が家族になったことです。

1096view

【私と愛猫との出会い〜なっちょメンさんの体験談〜】

猫を迎えるためにペット可物件に

相方と東北に引っ越して1年半。ついにペット可の物件に住みました!来年には猫を迎えよう、今年には猫を迎えよう…と強い思いを持ってきましたが、なかなかその時がやってきませんでした。

そして令和元年、「12月に迎えよう!」と心に決め、保護猫探しを始めます。

保護猫探しの毎日…しかし

保護猫カフェに行ったり、猫動画を見たり、譲渡会に行ったり、保護猫サイトを見たり。みんなもちろんかわいい。でも、決められないのです。

「この子はかわいいから、きっとすぐ里親さんが決まるはず」

そう思っては、譲渡会を後にしていました。

どうしても戻ってしまう1ページ

ある時から保護猫団体さんのサイトに、1匹のサビ猫が載っていました。すでに生後4ヵ月、小さい子猫からちょっと成長しています。

ちょっと気に留める程度で、わたしたちは白猫もいいね、トラもいいね、なんて話していました。しかし、なぜかどうしても、あのサビ猫のページが気になってしまいます。

「まだ里親決まらないのか…」と毎日なんとなく気になって。

サイトに載っていた写真

12月、連絡を

いよいよの12月。あまりにも気になるサビ猫の保護猫団体さんにメールしました。

団体さんが言うには、「現在ひどい猫風邪と、保護時、胸膜と腹膜が癒着していて大変でした」とのこと。

何度もメールをやり取りして、様子をうかがいました。そして話し合い、トライアルを申し込みました。

ついにその日が!

12月28日、我が家にやってきた、気になっていたサビ猫。鼻もぐずぐず、くしゃみ連発。でもゴロゴロと甘える姿はかわいい。

そして、3日が過ぎ、令和2年元旦!この良き日に保護猫団体さんに正式に譲渡を申し出て、我が家の娘として家族に迎えました。

「この子の健康状態から、もらってくれないと思っていました」と代表さんはじめ、スタッフの方々は泣いて喜んでくれたそうです。

あとから聞いた話ですが、サビ猫は譲渡会にも参加したのですが、残念ながら人気がなかったそうです。この子は必死に自分をアピールしていたそうで、その姿がとても健気だったと伺いました。

代表さん、育ててくださった預かりさん、スタッフさんも人一倍この子を気にかけていたんですね。

膝で眠る

名前と健康状態

無事12月に6ヵ月のサビ猫を迎え、健康に育つようにと「棗(なつめ)」と名付けました。

ひどい猫風邪症状は、何となく自分の副鼻腔炎に似てるなと思いました。病院に連れて行って飲み薬と目薬、サプリメントでなんと2日で改善、2週間でほぼ完治しました!

今まで匂いがわからなかったみたいで、いろんな匂いを神経質なほどに嗅いで回りました。それも1ヵ月ほどで収まり、今ではごはんも「これおいしくない!」と選べるほどです。

術後服が妙に似合う

6月に1歳になりました

我が家に来た日の半年前を誕生日にして、今年6月28日に1歳の誕生日を迎えました。2人で飾り付け、それぞれ自作のマグロケーキを作り、人間もちゃっかりホールケーキ。家族3人でお祝いしました。

なつめは、マグロケーキに夢中で止まらなくなり、「もうダメ!」と取り上げる始末となりました。

今では、寝るより遊ぶほうが好きで、ハイパーパワフルな女の子に成長しています。相方には、どこ行くにもくっついてばかりで、ちいさなストーカー。

そしておしゃべりが止まらない、全く「猫」を感じさせない、人間味のある子になりました。

箱に入っていたずら

まとめ

たったひとりで過酷な中、なつめを保護してくれた方、育ててくれた預かりさんファミリー、ずっと心配してくれた保護猫団体の代表とスタッフの方々、たくさんの方に幸せにしてもらった、なつめ。

そして今度はわたしたち家族がなつめをしあわせにします。里親になって終わりではなく、これからも、このつながった縁を大切にしていき、人と猫のすばらしいストーリーを作っていきたいですね。

今現在

スポンサーリンク