雨の中で鳴いていた子猫姉妹……ずっとのお家で幸せをつかむ!

雨の中で鳴いていた子猫姉妹……ずっとのお家で幸せをつかむ!

ある秋の肌寒い雨の中、段ボールに入って鳴いていたという子猫姉妹。生まれて間もない子猫姉妹を迎え入れ、自由気ままな生活が一変、すべてがこの猫姉妹中心となりました。本当の子供のように愛おしく、手をかけて育て私の人生の貴重な出会いとなりました。

867view

【私と愛猫との出会い〜猪股綾音さんの体験談〜】

生後数週間の子猫姉妹との初対面

それはまさにまさに偶然の出会いでした。

とある日、私が何気なくSNSを見ていると、職場の方の投稿で雨の中段ボールに入れられていた生後間もない子猫を見つけて保護しているため、その里親を探しているという記事を見つけました。

そんなドラマに出てきそうな話が現実にあるのか…と思った私は、すぐに連絡をして、その子猫を引き取りたい旨を伝えました。

もともと実家では長く猫を飼っていて慣れているということと、当時ひとり暮らしだったので、自分の「猫を飼いたい」という意志だけで決めることができました。

環境を整えて…

子猫にとっても私にとっても環境を整えた上でのお迎えができました。

生まれてから外に放置されてしまっていた為、保護している方の好意で子猫姉妹を動物病院に連れていき、体に異常がないことを診ていただきました。また、生後間もないためミルクを飲んでいたそうですが、子猫用のフードに切り替えられるタイミングで私が引き取ることとなりました。

およそ2週間後くらいだったと思います。自宅の中も子猫を迎えるための準備を万端にした私は、いよいよ子猫姉妹を迎えに行くこととなりました。

お迎えした日のみーちゃん

思っていた以上に小さいケージに入れられた2匹の子猫。写真で見る何倍も可愛くて驚いたことをはっきりと覚えています。この小さい命を自分の手で育てられると思うと、とてもうれしかったです。

その日から一人で自由気ままに生活していたのが一変、なにをするにも猫中心の生活へと変わりました。

お迎えした日のふーちゃん

子猫の飼育は心配と不安の連続

身体に合うフード選びと排せつのお世話

まず1番に頭を悩ませたのは、生きていくうえで最重要となる食べることと出すこと!

最初はなかなかおしっこが出ずに、子猫の育児本を読んだりインターネットで調べた情報を参考にし、おしりを綿棒や濡れたガーゼででやさしく刺激したりしていました。食事の時間が終わると付きっきりでトイレに誘導し無事におしっこが出るまで見守りました。

初めてトイレでおしっこができたときは本当にほっとしました。

フードも、あまり食べてくれなかったり下痢をしてしまったりと、2匹いるとこっちの子はこれで、こっちの子はこれだといまいちかも…と動物病院とも相談しながら、合うフードを模索する日々が続きました。

現在は2匹とも体も大きくなり、それにつれ同じフードで体調を崩すこともなくなりましたが、当時は器もきっちり分けて、間違えて食べないように食事中も目が離せずでした。今思えば大変な時期だったと思います。

初めての食事

元気が1番!いたずらは慣れてくれた証し…?

そんな姉妹も、おうちに馴染んでくれるのは早かったと思います。お迎えした初日から家の中をうろうろと探検し、お気に入りの場所を見つけたりしてくれたのはありがたかったです。

しかし、それはそれは我が家の様々なものが子猫たちのいたずらの犠牲となりました。寝室の網戸も何度張り替えたことやら。

網戸に張り付くふーちゃん

いたずら以上に参ってしまったのが、布団やカーペットへの粗相です。今では落ち着きましたが、ちょっとでもトイレが汚れていたり、変わったことがあるとすぐに粗相をされてしまっていました。あのなかなか取れない匂いには悩みました。

今思えば私も子猫の飼育は初心者でしたので、きっと知らずに猫にとってストレスとなる原因を作ってしまっていたのでしょう。

いたずらをするみーちゃん

猫に始まり猫に終わる1日、癒しの毎日

性格は違えどやっぱり姉妹

我が家の姉妹猫。茶トラのみーちゃんと三毛のふーちゃんですが、見た目も姉妹には見えませんがその性格もまさに正反対なのです。

とにかく甘えん坊でいつまでも手がかかる赤ちゃんのようで、ちょっと間抜けなところが憎めないみーちゃん。そして、とにかくしっかりもので運動神経抜群、クールな性格でもたまに甘えてくるツンデレが愛おしいふーちゃん。

周りの人に何度も「本当に姉妹なの?」と聞かれるほど性格が違う2匹ですが、一緒に寝ていたり毛づくろいをしあったり、かと思えば取っ組み合いを始めたりと本当に見ていて飽きないですね。毎日朝から晩まで私を癒してくれています。

目覚まし時計不要に?

ふーちゃんとみーちゃんが来てからは、朝は目覚まし時計なんて不要になりました。朝早くに2匹で運動会を開催して起こしてくれたり、朝ご飯の催促をしに一応遠慮がちに「にゃ…?」と起こしに来てくれます。

眠気に負けて知らんぷりしていると、頭をカリカリされるので寝坊とは無縁ですね。寝起きに目を開けて1番最初に猫の顔が視界に入ってくるというのはなんとも幸せの一言に尽きます。

並んでお澄ましをする姉妹猫

すっかり大人になった猫姉妹

現在6歳になった猫姉妹。相変わらずのお2人ですが、変化もありまして。いたずらをして私を振り回していた2匹は現在、4歳になる息子に振り回されていたりもします。

生まれた時から一緒なので、お互い距離感はわかっていますが、やんちゃ盛りの息子のことはちょっぴり苦手なようです。

おふざけが始まるとすぐに私のもとへSOSを求めてきます!

日課の自宅警備をしてくれる姉妹猫

まとめ

6年前のあの偶然の出会いがなければ、今の私はないといっても過言ではありません。子供のころから長年ペットは飼っていたとはいえ、動物の赤ちゃんをひとりで育てるのは初めての経験であり、命を守るということは楽しいや可愛いだけでは務まりません。

大変なことや、排せつや粗相の始末は誰にでもできることでもないと思います。毎日のことですから。それでも、それ以上に猫をはじめ生き物との生活は、笑わせてくれたり癒してくれたり、私にとってかけがえのない経験となりました。

これからも変わらずみーちゃんふーちゃん姉妹を、いつか見送る時が来るまで大切な家族の一員として可愛がらせていただきたいと思っております。

寄り添って眠る姉妹猫

スポンサーリンク