ママと離れて拒食になった子猫…元気を取り戻した姿に感涙!

ママと離れて拒食になった子猫…元気を取り戻した姿に感涙!

大家族で保護された子猫が、優しい里親さんの家に迎えられたものの急にご飯を食べなくなりました。シェルターに戻ったとたん元気復活!メンタルを育てて次のチャンスを目指します。

861view

️トライアル期間にストレスを抱えた子猫

ママ猫と子猫の大家族を保護

2021年5月28日、まだ若いママ猫と子猫たちが保護されました。母猫はややパステルな三毛の美猫。子猫たちはそれぞれ毛色が違います。

その中で一匹だけ、ママにそっくりな三毛猫の女の子がいました。この子は「春菊ちゃん」と名付けられ、シェルターで他の兄弟と暮らし始めました。

大人の猫と比べ、子猫は慣れるのが早いものです。春菊ちゃんはママ猫と兄弟も一緒という安心感もあって、すぐにシェルターの生活に馴染みました。こちらの画像は初日なので、ママにべったりですね。

ママはベビーシッター

季節柄、保護先のNPOくすのきさんでは子猫の保護が続いていました。シェルターにはママのいない赤ちゃん猫がいっぱいです。春菊ちゃんたちは小さな子猫より一回り大きく、もうカリカリだって食べられます。

そこで春菊ちゃんのママ猫「小菊ちゃん」は、子猫たちの乳母役をつとめることになりました。小菊ママの愛あるお世話のおかげで、弱々しかった子猫たちは元気に育っていきました。

春菊ちゃんのトライアル

ママが乳母猫としてハッスルしている頃、春菊ちゃんには里親さんのご縁がありました。生後3ヵ月ほどの春菊ちゃんは、可愛い盛りです。未来の家族に今の春菊ちゃんを見てもらえるなら、嬉しいに違いありません♪お話はとんとん進み、春菊ちゃんはトライアルに出発しました!

兄妹猫のうち一番小さな「黄金菊ちゃん」はまだ風邪の治療中。春菊ちゃんはしあわせ一番乗りと思われました。

トライアルを終えて

トライアルに行った春菊ちゃんは、何故かご飯を食べなくなってしまいました。シェルターに来た時は、家族が一緒で怖くなかったけれど、ひとりぼっちで知らないお家に行くのは初めて…。ストレスが原因かと思われました。

くすのきさんのシェルターに戻った春菊ちゃんはすっかり元気を取り戻して、のびのび成長。猫カフェのカウンターに飛び乗っては、小物を片っ端から落とすほどのお転婆娘になりました。(笑)

まとめ

寂しい思いをした春菊ちゃんでしたが、元気になって一安心でした。トライアル先のご家族が、誠実に連絡をくれる方で助かりました。

トライアルは先住猫ちゃんとの相性や、春菊ちゃんのような環境の変化についていけない子を確認するための期間なんです。お試し飼育という訳ではなく、トライアルがあったとしても一生この子を家族として受け入れるという気持ちで迎えることに違いはありません。

ちょっとお姉さんになった春菊ちゃん。次に里親さんの家に行く時はもう大丈夫でしょう。先に巣立っていった兄弟たちや小菊ママも応援しています。今度こそしあわせになって欲しいですね。

クラウドファンディングに挑戦中!

NPOくすのきさんは、200匹超の保護猫たちの治療費と生活費のため、クラウドファンディングに挑戦中です。是非サイトを訪れて、くすのきさんを応援してください!1クリックで拡散するだけでも助けになります。

※こちらの記事は情報掲載元の団体より許可を得て掲載しております。
 団体名:NPOくすのき

NPOくすのき

▼▼ 公式ホームページはこちら ▼▼
https://npo-kusunoki.life/

▼▼ 公式ツイッターはこちら ▼▼
https://twitter.com/atami_kusunoki

スポンサーリンク