道端に目も開かない乳飲み猫…強く生きる姿に感涙!

道端に目も開かない乳飲み猫…強く生きる姿に感涙!

まだまだお世話が必要なくらい小さいのに、なぜかたった1匹で道端にいた子猫。幸いにも保護され、福岡で活動中の保護猫Café MOCAさんがお世話することになりました。保護主さんのお宅へ行くまでの間、大切に育てられます。子猫のお世話のしかた、学んでみませんか?

1221view

小さな小さなきなこちゃん

福岡で活動中の保護猫Café MOCAさんは、まだ生まれたばかりの小さな小さな「きなこちゃん」という子猫を預かりました。保護主さんがおられ、その方が飼うことが決まっていましたが、日中は仕事のためお世話ができないというのです。

そのため、ある程度大きくなって留守番ができるようになるまで、保護猫Café MOCAさんがお世話することになりました。

きなこちゃんはなぜか、道端でたった1匹で鳴いていたそう。通常なら母猫がまだお世話をする大きさですが、一体どうしたのでしょうか?はぐれてしまったのかもしれません。

ですが幸いにも保護主さんに見つけられ、家猫になることに。本当によかったです!もし放置されていたらきっと、数日で命を落としていたでしょう。

きなこちゃんのお世話

きなこちゃんはまだミルクが必要です。飲ませる前にお尻を刺激して、排泄を促します。お腹がスッキリしたら哺乳瓶でミルクタイム!

まだ上手とはいえませんが、満腹になるまで飲みます。その後は少しお遊びです♪ミルクを飲ませてくれたスタッフさんとじゃれあいます。

ペットボトルを使った湯たんぽの上でうとうとするきなこちゃん。食後の毛づくろいをしたら睡魔が襲ってきます。おやすみなさい!

先輩猫とご対面

まだうまく歩けないきなこちゃんですが、先輩猫へのご挨拶は欠かせません。礼儀がしっかりしているようです。保護主さんのお宅にも先輩猫がいるので、よい練習になるでしょう。

順調に成長

毎日たくさんミルクを飲み、きなこちゃんはグングン大きくなっていきました。そろそろ離乳のときを迎えます。スタッフさんが指につけたご飯をきなこちゃんの口に入れます。

最初の数日間はそうしないと食べてくれませんでしたが、すぐお皿から自分で食べられるように。優秀です♡

離乳食が上手に食べられるようになったら、次はカリカリに挑戦です。こちらもよい感じ。こうなればもう、お留守番ができます!

まとめ

保護から約4ヵ月経過したきなこちゃんは、保護主さんのお宅で元気に暮らしているそう。先住猫も受け入れてくれ、毎日幸せそうです。

きなこちゃんのお世話の様子は、下記動画でご覧いただけます。できればいいねとチャンネル登録を!それが助けが必要な猫たちへの支援となります。

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:保護猫Café MOCA

保護猫Café MOCA

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://nekomoca55.wixsite.com/neko-moca-koga

▼▼ 公式YouTubeチャンネルはこちら ▼▼
https://www.youtube.com/channel/UCxcS_-mr_0DNdndcbpYHFfw

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/KogaCafeMoca/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/nekocafemoca?s=20

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/nekocafe.moca3010/?hl=ja

▼▼ 公式ブログはこちら ▼▼
http://nekocafemoca.blog133.fc2.com/

スポンサーリンク