松林に遺棄された子猫…生き延びた理由に感動!

松林に遺棄された子猫…生き延びた理由に感動!

福岡で活動する保護猫Café MOCAさんの元へ、松林に子猫が捨てられているとの連絡が入りました。これから寒くなるというのに、ひどいです。幸いにも子猫は地域猫に守られ生き延びていました。動物の遺棄は犯罪なのです。

1731view

寒い冬なのに…

福岡で活動中の保護猫Café MOCAさんが保護したのは、捨てられてしまったまだ小さな子猫でした。これから寒い冬がやってくるというのに、なんというひどいことでしょう。動物の遺棄は犯罪です。

ですが不幸中の幸いにも、子猫が捨てられたのは元々不妊手術済みの成猫が2匹暮らしている松林でした。餌やりさんもいます。もしかしたらそれを知っての犯行だったのかもしれません。

ですが、まだまだ小さな子猫。とても1匹では生きていけません。それなのに捨てるとは、言語道断です。

子猫は運よく、優しいオス猫が守ってくれ生き延びていました。ですが、寒い冬を越すには小さすぎます。このままにしておいたら、寒さで凍死してしまうかもしれません。

いくらオス猫が守ってくれていても、猫風邪でもひいたら命に関わります。特に子猫は体力も免疫力も弱いです。

本当はオス猫も含め全ての猫を保護したいところですが、それは物理的に不可能なのです。辛い気持ちを抑えつつ、ひとまず子猫を保護しました。

野良猫が置かれている現状とは

助けを求めている野良猫はたくさんいます。子猫を守ってくれていたオス猫も、元は捨てられた猫。

保護猫Café MOCAさんは過酷な外で暮らす猫をなくし、温かい場所でお腹いっぱい食べて暮らせるように野良猫の不妊手術を必死で行っています。

ですがその一方で猫をむやみやたらに増やし、そして捨てる人がいるのです。野良猫は一見のんきそうに見えますが、実情はとても過酷な、毎日死と隣り合わせの環境で暮らしています。

そんな猫たちを少しでも減らし、いつか外で暮らす猫がいなくなる日を夢見て、保護猫Café MOCAさんは活動されているのです。

猫カフェデビュー!

子猫におもちゃを見せると、子猫らしくよく遊びます。猫カフェデビューを果たしましたが、まだ慣れないのか椅子の下が定位置です。

日を追うごとに子猫は慣れていきます。先輩猫たちと一緒に遊び、里親さんのお迎えを待ちます。外で守ってくれたオス猫の分まで、幸せになるのです。

子猫は「イルカちゃん」と名付けられました。

まとめ

運よく保護猫Café MOCAさんに保護されたイルカちゃん。ですが全ての猫がこのような幸運に恵まれるわけではありません。大半の猫は寒かろうが暑かろうが、どんなに過酷でも外で命を削って毎日を過ごさなければいけないのです。

保護の様子は下記の動画よりご覧いただけます。できればいいねとチャンネル登録を!それが過酷な外で暮らす猫たちへの支援となります。

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:保護猫Café MOCA

保護猫Café MOCA

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://nekomoca55.wixsite.com/neko-moca-koga

▼▼ 公式YouTubeチャンネルはこちら ▼▼
https://www.youtube.com/channel/UCxcS_-mr_0DNdndcbpYHFfw

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/KogaCafeMoca/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/nekocafemoca?s=20

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/nekocafe.moca3010/?hl=ja

▼▼ 公式ブログはこちら ▼▼
http://nekocafemoca.blog133.fc2.com/

スポンサーリンク