腰に針金を巻かれた猫…救出成功するも猫の容態は?

腰に針金を巻かれた猫…救出成功するも猫の容態は?

長崎で活動中のR&G 長崎の保健所の命を救う会さんの元へ、体に針金が巻かれた猫を救ってほしいとの依頼が入りました。どうやら人為的なことのよう。許せない猫虐待の現実が、そこにはありました。

1281view

針金を巻かれた猫を探せ!!

長崎で活動中のR&G 長崎の保健所の命を救う会さんが訪れたのは、体に針金が巻かれた猫がいると連絡のあった場所でした。そこには6匹程度の野良猫が住んでいるそうですが、お目当ての猫は姿が確認できませんでした。

捕獲器をしかけます。針金猫の保護にくわえ、メス猫3匹の不妊手術も依頼されました。

捕獲作戦開始

捕獲器近くのエサに釣られ、猫たちがやってきます。たった2〜3分で1匹目が捕まりました。針金が巻かれた猫を捕獲するまで、繰り返します。

捕獲後は入り口が開かないように結束バンドで留めました。車に連れて行ってペットシーツで捕獲器を覆い、猫が落ち着くようにします。視界が遮られると暴れなくなるのです。

順調に捕獲される猫たち

続いて2匹目が捕獲器の中へ。扉が閉まったのにも関わらず、慌てた様子はありません。捕獲されているのに、です。

おっとりした猫のよう。保健所の命を救う会さんが近づくと、そこで初めて慌て始めます。

3匹目も順調に捕獲。4匹目も捕まりました。残るはあと2匹。

お目当ての針金猫はなかなか現れてくれません。

ついに針金猫が!

4匹目が捕まった以降は猫が現れなかったため、捕獲器を設置したまま一旦帰ります。

しばらくして、針金猫が捕まったとの連絡が入りました。現場に確認しに行くと、腰に針金が巻かれている猫が捕獲器の中に。

一体誰がこんなことをしたのでしょうか?もしどこかへ引っ掛かって動けなくなったら、命に関わります。ひどいことをする人がいるものです。

これは立派な犯罪。たとえ野良猫であっても、罪に問われます。

針金猫のケア

針金を巻かれてしまった猫のケアが必要です。ステンレスの針金が巻かれています。不安げな表情の猫。

針金を外し、ケガの状態を確認します。幸い皮膚に食いこんではおらず、ひどい負傷は負っていません。動物病院で診てもらうと白い変色が見られたため、抗生物質で治療します。

こんなひどいことをした犯人は、捕まらなければいけません。そのためには確固たる証拠が必要です。カメラをしかけ、犯人を見つけます。

もし捕まえられなければ、また新たな被害が猫に及んでしまうのです。

まとめ

今回は幸いにも重症にはなりませんでしたが、それでももし放置されていたら、どうなっていたかわかりません。

猫への虐待はどんどんエスカレートしていき、最終的には人にも及ぶと考えられています。悲劇を防ぐためにも、早い段階でその芽を摘み取っていかなければいけないのです。

楽しい内容ではないかもしれませんが、猫虐待の現実を、下記動画よりご覧ください。できればいいねとチャンネル登録を。それが今回のような、助けを必要としている野良猫たちへの支援につながります。

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:R&G 長崎の保健所の命を救う会

R&G 長崎の保健所の命を救う会

▼▼ 公式YouTubeチャンネルはこちら ▼▼
https://www.youtube.com/channel/UCaiuXiIXBb5HKGJIj4-1Xjg

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://ja-jp.facebook.com/wan111nyan222/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/r_and_g0299?s=20

▼▼ 公式ブログはこちら ▼▼
https://ameblo.jp/nagasakihokennjyonoinoti/

スポンサーリンク