危険な国道ではねられた猫…奇跡の回復を遂げ甘える姿に感涙!

危険な国道ではねられた猫…奇跡の回復を遂げ甘える姿に感涙!

福井の保護猫Café MOCAさんの元へ、広い国道の脇でうずくまっていた猫がやってきました。どうやら車にはねられてしまったよう。骨盤が骨折しています。果たしてこの猫はどうなってしまうのでしょうか?

974view

保護した経緯

福井の保護猫Café MOCAさんは、6車線ある広い国道沿いにうずくまっていた猫を保護しました。全く動けない様子です。親切な人が見つけ、市役所経由で保護猫Café MOCAさんの元へやってきました。

一体何があったというのでしょうか。詳しくは分かりませんが、おそらくは車にはねられてしまったのでしょう。

病院で診察を受けると、骨盤が骨折していることがわかりました。不幸中の幸いにも、脊髄は損傷していません。手術が必要なため、それまで待機します。

おでこにもケガが。食欲はありますが、自力では動けない様子です。そのため保護猫Café MOCAさんは、体の向きを変えてあげました。

コテツくんは人慣れしており、甘えてきます。実は車にひかれて亡くなる猫の数は、殺処分されるより多いのだとか。外がいかに過酷な環境なのかがわかります。

そのため保護猫Café MOCAさんは、今以上に不幸な猫が増えないよう「TNR」を頑張っているのです。

TNRとは、野良猫の不妊手術を行い、元いた場所へと返す活動のこと。繁殖しなくなるため、不幸な子猫が生まれなくなります。

コテツくんの手術

コテツくんの手術は無事に終わりました。背中からお尻にかけて毛を剃られ、まだ痛々しいですが元気です!

翌日の夜になると、なんと座ってご飯を食べるように。トイレも普通にしています。少し歩けるようにもなりました。

術後3日目になると、普通に歩いています。まだ後ろ足に力が入らないことがありますが、それでも回復が早いです。猫のゴロゴロ音には、骨の形成を促す働きがあるためでしょう。

すぐに疲れてしまうのか、ごろんとするコテツくん。しっぽはだらんと垂れ下がったままです。

4日目にはだいぶ動きが機敏になってきました。ですがマットのない場所では滑ってしまいます。頑張ってリハビリです。

術後40日目。毛が生え、だらんとしていたしっぽもピンとなりました!

驚きの回復力です。リハビリを毎日頑張ったコテツくん、すっかり元気を取り戻しました。

まとめ

悲惨な目にあったコテツくんでしたが、驚異の回復力で見事復活しました!これも毎日コツコツ、リハビリを頑張ったからでしょう。

野良猫は車にはねられ、そのまま命を落とすことも多いです。全ての猫に飼い主さんが見つかり、不幸な亡くなり方をする猫がいなくなりますように。

コテツくんの頑張りは、下記動画よりご覧いただけます。できればチャンネル登録を!それが過酷な外の世界で生きる、野良猫たちへの支援となります。

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:保護猫Café MOCA

保護猫Café MOCA

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://nekomoca55.wixsite.com/neko-moca-koga

▼▼ 公式YouTubeチャンネルはこちら ▼▼
https://www.youtube.com/channel/UCxcS_-mr_0DNdndcbpYHFfw

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/KogaCafeMoca/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/nekocafemoca?s=20

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/nekocafe.moca3010/?hl=ja

▼▼ 公式ブログはこちら ▼▼
http://nekocafemoca.blog133.fc2.com/

スポンサーリンク