解体寸前の場所から子猫の声…難航する救出活動の行方は?

解体寸前の場所から子猫の声…難航する救出活動の行方は?

近隣住民の方からの通報で、子猫の捕獲へと向かう府中のNPO法人府中猫の会さん。現場はもうすぐ取り壊されてしまう場所のため、早めの保護が必要です。果たして間に合うのか…?捕獲の一部始終を見てみましょう。

877view

ママにゃん発見!?

府中のNPO法人府中猫の会さんは近隣の住民の方から「子猫の声が聞こえる」との連絡を受けました。現場周辺への聞き込み調査や監視カメラをしかけ、現状を探ります。数日後、ママ猫と思われる猫の姿を発見しました。

子猫の場所を教えて欲しい、と話しかける府中猫の会の代表さん。子育てしている場所が取り壊されてしまうため、その前に保護しなければいけません。

その茶トラ猫はお腹の皮がたるんでいるため、授乳中だと思われます。きっと子猫たちのママ猫なのでしょう。

監視カメラに映ったのは…

ママ猫は府中猫の会さんがしかけた監視カメラにも写っていました。カメラの前にはご飯が置いてありましたが、食べずに去って行きます。何かを感じ取ったのでしょうか?

その日の夜に、1匹の子猫がカメラの前に現れました。ご飯を食べています。ガリガリではないため、栄養状態はそこまで悪くないのかもしれません。

翌日も現れた子猫。置いてある水とご飯に口をつけます。

捕獲成功!

府中猫の会さんは3日間見張りましたが、姿を見せたのはこの子猫だけでした。夜に捕獲予定です。ご飯を置いてある場所に捕獲器をしかけます。

やってきた子猫は様子をうかがいながら中に入ろうとしていますが、無事に入ってくれるのでしょうか?やりました!捕獲成功です。

代表さんによると、生後2ヶ月くらいの子猫ということ。他にも兄弟猫がいるかもしれませんので、監視カメラは引き続き設置しておく予定です。

園長さん宅にて

子猫は府中猫の会の園長さん宅へやってきました。慣れない環境に不安を感じているのか、ニャーニャーとかわいい声で鳴いています。最初の頃に現れた茶トラ猫がママだとはまだはっきりわからない様子です。

秋の子猫ラッシュのため、府中猫の会さんの元にはたくさんの子猫たちが集まってきます。捕獲された子猫は、シャーをいわない猫でした。穏やかな地域特性があるようです。

まとめ

たった1匹で行動していたと思われる子猫。危ない目にあう前に、府中猫の会さんに保護されてよかったです。病院での検査が終わり、他の子猫と仲良く遊んでいるのだとか。

きっとこれから優しい里親さんが見つかり、幸せへの道を歩むのでしょう。

子猫捕獲の一部始終は、下記動画よりご覧いただけます。できればチャンネル登録を!それが外で暮らす猫たちへの助けとなります。

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:NPO法人府中猫の会

NPO法人府中猫の会

▼▼ 公式ブログはこちら ▼▼
https://chuneko.exblog.jp/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/fuchu_nekonokai

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/fuchu_nekonokai/

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/府中猫の会-815781585192487/

スポンサーリンク