海で溺れていた子猫を救出…人間の残酷な“悪習”とは?

海で溺れていた子猫を救出…人間の残酷な“悪習”とは?

ある釣り人が見つけたのは、海で溺れそうになっている子猫。幸いにも魚用の網があったため、手遅れになる前に救い出せました。府中のNPO法人府中猫の会さんはご縁があり、この猫を保護する流れになったのです。子猫が溺れた背景には、恐ろしい人の業が隠れていました。

1953view

釣り人に救われた命

子猫が保護されたのは、千葉県木更津。釣り人が釣りをしている目の前で、溺れていたのだそうです。とっさに持っていた網で救出を試み、無事に助けられました。その釣り人がたまたま、府中のNPO法人府中猫の会の方と知り合いだったため、ちゅー猫になる流れとなったのです。

預かりKitaさん宅にて

キジトラ子猫

病院を経て、府中猫の会の預かり、Kitaさん宅へやってきた子猫。キジトラ猫の男の子です。嬉しい初対面の中、代表さんの口から衝撃的な言葉が!!

投げられた!?

なんとこの子猫は、人に海の中へ投げられた可能性があるというのです。少し前にも4匹の猫が投げられ、自力でテトラポットにある浮き輪まで泳ぎ、しがみついていたそうです。地元の漁師さんの証言があります。

おそらく自宅で繁殖してしまっている猫なのでは?ということ。昔は猫を川へ流す悪習があったそうですが、今もその感覚で海に捨てているのかもしれません。でも動物の遺棄は「犯罪」なのです。

人恋しい子猫

子猫は「レタスくん」と名付けられました。由来は、Kitaさんの家にきた32番目の猫だからだそうです。32=サニーレタス、ということで、レタスくんになりました!

人恋しいのか、何度ケージに入れてもすぐに出てきてしまいます。先住猫が興味を持って近寄ってきました。

レタスくんはまだまだ甘えたい盛りです。代表さんが連れてくる途中にもずっと鳴いていたため、パーカーの中に入れてきたそう。ミルクが恋しいのか、前に出すとペロペロ夢中になって舐め出しました。

ガリガリのレタスくん。ずっと空腹だったのでしょうか?代表さんからKitaさんへ「太らせてください」とのオーダーが入りました。

まとめ

もし代表さんのおっしゃるように、本当に猫たちが海へ投げ捨てられていたとしたら大変なことです。猫の命をなんだと思っているのでしょうか?日本の法律では物扱いという現状があるものの、粗末にしてよいわけがありません。

幸運にもレタスくんは、助けられて本当によかったですね。でももしかしたら、発見されなかった猫もいるのかもしれません。そう考えると、悲しすぎます。

レタスくんの様子は下記の動画よりご覧いただけます。できればチャンネル登録ください!それが助けを必要としている猫たちへの支援につながります。

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:NPO法人府中猫の会

NPO法人府中猫の会

▼▼ 公式ブログはこちら ▼▼
https://chuneko.exblog.jp/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/fuchu_nekonokai

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/fuchu_nekonokai/

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/府中猫の会-815781585192487/

スポンサーリンク