危険エリアに捨てられた子猫…保護され無邪気に遊ぶ姿に感涙

危険エリアに捨てられた子猫…保護され無邪気に遊ぶ姿に感涙

府中のNPO法人府中猫の会さんの元へ、捨てられたと思われる子猫の保護依頼が入りました。子猫がいたのはTNRがほぼ終わっている地域です。ゆえに捨てられたのでは?と推測されます。でも優しい人に保護され、子猫は本当に幸運でした。

632view

捨てられた現場

府中のNPO法人府中猫の会さんがTNR活動を行っている現場に、ひょっこりと子猫が現れました。TNR活動とは猫を捕獲して不妊手術をし、元いた場所へと戻すことです。手術しているため子猫が生まれるはずはなく、おそらく捨てられてしまったのだろうと予測されます。

現場はとある河川敷。白黒の子猫が、優しい人によって保護されました。

愛らしいマスク子猫

子猫は府中猫の会の預かり、Sさん宅へ。顔を見ると、黒いマスクを被った子猫でした。女の子です。

あまり人見知りはしないよう。Sさんの腕に抱っこされ、大人しくしています。膝の上でちゅーるを満喫中です。

前足には、長さの違った白い手袋をしています。しっぽはクルッとかわいいかぎしっぽです。きっと幸運をひっかけてきてくれるでしょう。

ハンモックに乗り、ご満悦の様子。まだ環境に慣れずキョロキョロしていますが、デレデレになるのも時間の問題かもしれません。あまり鳴かないおとなしい猫のようです。

いわくつきの現場

実はこのマスク子猫が捨てられていたのは、ニュースにもなった猫虐待事件の現場から、わずか100m程度しか離れていない場所。危ないところでした。保護されて、本当にラッキーだったのです。

まとめ

猫を捨てるのは「犯罪」です。違反すると1年以下の懲役か100万円以下の罰金に処される場合があります。バレないと思っても、いつどこで誰が見ているかわかりません。

最近ではあちこちに防犯カメラが取り付けられているため、誰も見ていないと思ってもバッチリ写っている可能性もあります。この記事を読んでいる方にはそんな人はいないと思いますが。もし飼えなくなってしまった場合は必ず、次の飼い主さんを見つけてあげてください。

マスク子猫が保護された様子は、下記の動画よりご覧いただけます。できればチャンネル登録を!それが飼い主さんがいなくて困っている、猫たちへの支援に繋がります。

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:NPO法人府中猫の会

NPO法人府中猫の会

▼▼ 公式ブログはこちら ▼▼
https://chuneko.exblog.jp/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/fuchu_nekonokai

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/fuchu_nekonokai/

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/府中猫の会-815781585192487/

スポンサーリンク