引っ越しで捨てられた猫を保護…顔に負った大怪我の正体は?

引っ越しで捨てられた猫を保護…顔に負った大怪我の正体は?

埼玉のNPO法人 にゃいるどはーとさんが保護したのは、顔に大きなケガのあるボロボロな猫でした。一体どうしたというのでしょうか?地域猫ではあったものの、ご飯以外のケアはほとんどされていなかったようです。残酷な現実に、心が痛みます。

1518view

地域猫ではあったものの

地域猫とは、不妊手術をした上で外で暮らし、地域でご飯やトイレ、医療などのお世話をしてく猫のことです。だいじ君は地域猫ではあったものの手術はしておらず、顔のケガもそのままにされてしまっていたそう。元は飼い猫だったのですが、飼い主さんが引っ越した際に置いていかれたのだとか。

今回埼玉のNPO法人 にゃいるどはーとさんが保護することとなりました。にゃいるどはーとのメンバーの方が、見るにみかねて手を差し伸べたのです。明日早速、病院を受診する予定です。

食欲旺盛!

ご飯が置かれていたものの、口にはしていません。にゃいるどはーとさんが手に乗せて与えると、食べました!食欲旺盛です。

お腹が空いていたのでしょう。それに、人恋しかったのかもしれません。

ウェットフードを完食です。お代わりをあげようとすると、シャーするだいじ君。でもまたバクバクと勢いよく食べ始めました。

だいじ君病院へ

次の日、だいじ君は動物病院へ向かいました。診断は「扁平上皮がん」。悲しい結果でした。

扁平上皮がんとは、皮膚や粘膜などの細胞ががん化したものです。耳や顔まわりなどによく見られます。白猫や色の薄い猫がかかりやすく、原因ははっきりとはわかっていませんが、紫外線ではないかといわれています。

外科手術で完治する可能性はありますが、がんのできる部位や大きさ、深さによっては難しい場合も。

患部ケア

患部に包帯を巻いていただいじ君。くっついてしまい取るのがとても痛そうです。膿んでしまっているのため、毎日キレイにしてあげなければいけません。

精製水を使い、包帯をふやかしてはがしていきます。暴れもせずがんばるだいじ君。エライです!

新しい包帯を巻いてもらいます。だいじ君は熱があるようで、もしかしたらだるさがあるのかもしれません。

まとめ

ご飯はもらえていたようですが、それ以外のケアはほぼしてもらっていなかっただいじ君。残念ながらがんという病気におかされてしまいました。元は飼い猫だったといいますから、外の暮らしは精神的にも相当キツかったでしょう。

猫は「家につく」という話がありますがそれを真に受けず、引っ越しの際はぜひ愛猫も一緒に連れて行ってあげてください。誰もだいじ君のようにボロボロになった姿は見たくないはずです。

だいじ君保護の様子は、下記動画よりご覧いただけます。できればチャンネル登録を!それがだいじ君のような猫への助けにつながります。

  • 保護当初の様子

  • 受診の様子

  • 患部ケア

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:NPO法人 にゃいるどはーと

NPO法人にゃいるどはーと

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://nyaild-heart.shimakaji-mama.com/

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/特定非営利活動法人にゃいるどはーと-240983279643560/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/satoshirumi

スポンサーリンク