カラスに耳を奪われた子猫…残酷な痛手を負うも無邪気な姿に涙

カラスに耳を奪われた子猫…残酷な痛手を負うも無邪気な姿に涙

まだまだあどけない顔の小さな子猫。たった1匹で外にいたところを、カラスに襲われていました。心ある人に助けられたものの、左耳を失ってしまったのです。猫が外にいる危険さを、教えてくれました。

1310view

左耳を失った子猫

府中のNPO法人府中猫の会さんが緊急で保護したのは、まだ生後1ヶ月半ほどの小さな子猫。カラスに襲われ、左耳を失ってしまいました。優しい人が助けてくれ、幸いにも命は救われたのです。

背中にもカラスに襲われた傷が。痛々しいです。病院にはもう行ったため、府中猫の会の園長さん宅で保護しているそう。

人慣れバツグンすぎる!

府中猫の会の代表さんによると、この子猫は捨てられてしまったのでは、とのこと。人慣れがバツグンすぎます。猫が外にいるということは、命の危険があるのです。

安易に捨ててはいけない理由がわかります。ちゅーるを出すと、夢中になって食いついています。

子猫が保護された場所は、既に府中猫の会さんがTNRを完了している場所。TNRとは、野良猫を捕獲して不妊手術をし、元いた場所へと返すことです。この取り組みで、野良猫が増える不幸がなくなります。

ですので、その場所に新たな子猫が生まれるとは考えにくいのです。でももしかしたら、他にも兄弟猫がいるかもしれません。府中猫の会さんのネットワークを使い、探します。

無邪気に遊ぶ子猫

子猫はとても食いしん坊なのか、せわしなくご飯を要求します。とても人懐こく、かわいいです。左耳は残念でしたが、それをカバーしてもありあまる愛らしさがあります。

おもちゃでやんちゃに遊びます。カラスは高いところに子猫を持っていき、落として弱らせるそう。手足などのケガが心配されましたが、この子猫は問題なさそうです。

まとめ

とても元気な子猫。その上人懐こいので、里親さんが見つかるのも時間の問題ではないでしょうか。

かわいい子猫の様子は、下記動画よりご覧いただけます。できればチャンネル登録ください!それが外で危険な目にあっている猫たちへの助けとなります。

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:NPO法人府中猫の会

NPO法人府中猫の会

▼▼ 公式ブログはこちら ▼▼
https://chuneko.exblog.jp/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/fuchu_nekonokai

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/fuchu_nekonokai/

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/府中猫の会-815781585192487/

スポンサーリンク