チンチラ猫の多頭飼育崩壊…30匹近く増えた衝撃のワケとは?

チンチラ猫の多頭飼育崩壊…30匹近く増えた衝撃のワケとは?

チンチラといえばゴージャスな被毛と愛くるしい顔の印象があります。でも今回北海道のNPO法人 猫と人を繋ぐツキネコ北海道さんが保護したチンチラは、そのイメージとは、ほど遠い姿をしていました。

1516view

身を寄せる猫たち

現場には30匹近いチンチラ猫が身を潜めていました。どの猫にも汚れがみられ、悲しそうな辛そうな、なんとも言えない表情を浮かべています。部屋の中は汚れにまみれ、ものすごいアンモニア臭が…。

北海道のNPO法人猫と人を繋ぐツキネコ北海道さんがご飯を用意すると、猫たちは集まってきました。お腹が空いていたのでしょう。

猫が増えてしまった理由は…

多頭飼育崩壊に至ってしまったのは、飼い主さんの“寂しさ”が原因なのだとか。実は、以前にも多頭飼育崩壊に陥った経緯があり、また同じことを繰り返してしまったようです。

飼い主さんにも、何かほかに複雑な事情があるのかもしれません。一方的に責めることはできませんが、あまりに悲惨な環境を目の当たりにすると、猫たちがただただかわいそうでなりません。

一部を緊急保護

これまで幾度となく多頭飼育崩壊の現場をみてきたというツキネコ北海道さん。しかしながら、今回の現場はこれまでのどの現場でも見たことがないほど、猫たちの状態が悪かったそうです。

この日は、まず成猫4匹と生まれたての子猫3匹を保護。次回、全頭を引き取ることになりました。

赤ちゃん猫たち

過酷な環境の中であっても、“母は強し”です。子猫たちをトイレに隠すようにして守りながら、子育てをしているママ猫がいました。ツキネコ北海道さんは、このまま子猫たちを母猫に任せるか、それとも人の手で育てるか迷ったようです。

最終的には、子猫たちはミルクボランティアさんに託すことに。子猫たちにはケアが必要ですが、ミルクを元気にごくごくと飲んでいます。壮絶な状況の中でも、希望の光を感じる瞬間といえるでしょう。

固い被毛をバリカンでケア

猫たちは、被毛が毛玉でガチガチに固くなっていて、糞尿などで汚れがみられる状態です。ボランティア(トリマー)さんが、一生懸命にバリカンをかけて整えていきます。

慣れないバリカンを頑張る猫たち。終わったあとはスッキリです!

まとめ

寂しさから猫を迎えたいという人も少なくないでしょう。でも、お迎えする前に、猫についての知識はもちろん、飼育するために必要となる去勢・不妊手術や費用などを調べたり、実際に飼っている人から話しを聞いたりすることで、“本当に猫の一生を担えるか”をより具体的に検討することができるはずです。

また、実際に飼うことを決めたなら、自分に万が一のことがあった時のために備えて、大切な猫の引取先やそのための費用を備えたり、飼育に関する相談先を調べておくことも飼い主としての責任のひとつです。

NPO法人猫と人を繋ぐツキネコ北海道さんの活動の様子は、下記動画よりご覧いただけます。できればチャンネル登録を!そのワンクリックが、サポートを必要としている猫たちへの支援に繋がります。

  • 心が痛い現場の様子

  • 必死で生きる子猫たち

  • ガチガチの毛を根こそぎカット!

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:NPO法人猫と人を繋ぐツキネコ北海道

スポンサーリンク