空腹で泥を食べていた子猫…保護され麗しい姿に変身!

空腹で泥を食べていた子猫…保護され麗しい姿に変身!

道を間違えて偶然行き着いた施設内で見つけた1匹の子猫。空腹のあまり泥の中に顔を突っ込み食べ物を探していました。猫が優しい女性に保護され幸せをゲットするお話をご紹介します。

1505view

迷い込んだ施設内で発見

繁殖ファームにいる犬の保護活動をするNPO団体、Free Korean Dogs (フリー・コリアン・ドッグス) の創始者である韓国出身のパクさんは、カナダを拠点としています。

今回、お母さんに会うため韓国に里帰りしたパクさん。お母さんに会いに行く途中で道を間違えてしまい、行き着いたのは以前行ったことのあるドッグファームでした。

パクさんが車を降りると、子猫の鳴き声がしました。子猫を見つけて近寄ると、顔が泥だらけです。どうやら、空腹のあまり泥の中のミミズなどの虫を探していたようです。

お鼻が泥だらけです。お腹が空いていたんですね、かわいそうに...胸が痛みます。

パクさんは、子猫をそっと保護して施設を後にしました。

子猫は「ニモ」と名付けられて、体を洗ってもらい獣医の診察を受けました。

ニモちゃん、スッキリしたね!

すくすく成長し、今ではこんなに立派でハンサム、そしてとても甘えん坊なチャトラ猫になりました!

パクさんの愛情に包まれて幸せなセカンドライフをゲットしたニモ、末長く幸せに。

まとめ

パクさんが道を間違えて偶然に入り込んだファームで保護された子猫。発見されなかったら、ずっと泥の中の虫を食べて生き延びていたかと思うと本当にラッキーな偶然でした。パクさん本当にありがとうございました。

ニモの保護当時と現在の姿はこちら。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:BazPaws

BazPaws

▼▼ YouTubeチャンネル『BazPaws』はこちら ▼▼
https://www.youtube.com/c/BazPaws/featured

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/BazPaws/

スポンサーリンク