皮膚病に苦しむ小さな三毛猫…激おこ状態からの救出活動の行方は?

皮膚病に苦しむ小さな三毛猫…激おこ状態からの救出活動の行方は?

保護猫活動をする「キャットマン・クリス」さんが、小さな三毛の子猫の保護に向かいました。激おこの小さな三毛猫のレスキューは成功するのでしょうか?!

978view

威嚇も可愛い三毛猫ちゃん

野良の子猫を発見

フロリダ州に住む、キャットマン・クリスさんは今日も保護猫活動に向かいます。

いました!小さな三毛猫ちゃん。

周りには、母猫や他の子猫の姿はありませんからひとりぼっちのようです。

クリスさんは、三毛猫ちゃんのレスキューを開始。

ノミがいるのでしょうか、子猫はしきりに体を掻いています。その上、疥癬にかかっているようです。

早く保護して適切な治療をしたいクリスさんですが、子猫はなかなか捕獲器の中に入ってくれません。この辺りの野良猫には、1日に2回食事を運んでくれる方がいるので食べ物で誘う作戦は効果がなさそうです。

作戦変更、網を使って無事に捕獲できました!

とても警戒心の強いこの子は、捕獲後もイカ耳でずっと唸り続けています。

クリスさんは手袋をして子猫をあやそうとしますが、「シャーッ!さわるにゃ!!」
とばかりに威嚇します。

激おこです!

根気強く優しく話しかけながら、子猫を安心させます。

そして、奥の手ならぬ“孫の手”登場!これなら遠巻きに頭を撫でてあげられますね。

子猫ちゃんはまんざらでもない様子で、おとなしく撫でられています。

そして、ついに直接撫でさせてくれました!クリスさん、さすがです。

そして最後には、ご覧の通りうっとりとした表情に。

また1匹野良猫を減らすことができましたね、クリスさんお疲れ様でした!

まとめ

TNR (捕獲、去勢、元いた場所へ)活動の際、今回のように餌付けされている猫ちゃんたちは、エサで誘って捕獲器に入れることが難しく、特に成猫は保護が大変なのだとか。

かわいそうだからと野良猫にエサをあげたい気持ちはよくわかるのですが、エサを与えるだけでは野良猫は増える一方です。地域猫のお世話をする際には、TNRを考えることも大切ですね。

可愛い激おこ猫ちゃんの様子はこちら。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Cat Man Chris

スポンサーリンク