闘病中の黒猫の顔に異変…応援の声が集まり感動の受賞へ

闘病中の黒猫の顔に異変…応援の声が集まり感動の受賞へ

インターネットで大人気の保護猫コンビ、黒猫コールと茶トラ猫のマーマレード。最近黒猫コールさんのお顔の被毛がだんだんと白くなって来ています。その理由とは...

888view

コールさん賢者の顔つきになる

顔の被毛が白くなる

インターネット上で多くのファンを持つ、保護猫コンビの1匹黒猫コールさん。飼い主は、保護猫活動をされているキャットマン・クリスさんです。

最近コールさんのお顔には白い被毛が目立つようになり、ファンのみなさんからたくさんの質問が寄せられているとか。

外見の変化は闘病生活に関連しているようです。

以前こちらのサイトでご紹介しましたが、コールはがんの一種の「鼻腔内リンパ腫」に罹っていました。

診察の結果、獣医さんから勧められたのは化学療法と放射線治療の併用でした。化学療法は薬剤が体中を巡るのに対し、放射線治療はがん細胞をピンポイントで攻撃する標的治療であり患者の負担が大きいが効果的で効き目が長いとの説明を受けました。

「僕はタフだから大丈夫にゃ!」と言いたげなコールさんですね。

ご存知の方も多いと思いますが、放射線治療はがん細胞をやっつけるのと同時に健康な細胞にも悪影響を与えてしまいます。コールの場合は色素産生細胞がその影響を受けて、毛包は色素がない被毛を再生するので、だんだん白い被毛が増えている...ということのようです。

コールさん、なかなか渋い容貌になって来ました。曲がったおヒゲもご愛嬌。

治療開始後6ヶ月くらいしてから白いポツポツになって現れ始めた白い被毛を、クリスさんたちは "wisdom sprincles (ウイズダム・スプリンクル)" と呼んでいるそうです。

ちなみに、親知らずのことを英語で ”wisdom tooth(ウイズダム・トゥース)" と言いますが、”知恵がついてきた (大人になってきた)” ということですから、これに因んでコールさんの場合は白い被毛が賢くなった証ということでこう呼んでいるのでしょう。

確かに賢者のようなお姿、人生相談にも乗ってくれそう?!

ペットの人気投票で1位に!

辛い闘病生活を乗り越えたコールさんは、アメリカのペット人気投票猫の部で1位に輝きました!飼い主のクリスさんは、投票してくれたファンの皆さんに感謝しています。

そして、欧米ではあまり人気のない黒猫に注目を集めることができて、もっと多くの黒猫に永遠のお家が決まるきっかけになるのではと期待しています。

まとめ

コールはまだ9歳で回復も順調とのこと、末長く健康で幸せに暮らしていって欲しいと願います。そして、これからもインターネットでの活躍を楽しみにしています!

賢者コールさんのお姿と日常の様子はこちら。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Cole and Marmalade

スポンサーリンク