風邪で体力の限界に達した子猫たち…懸命な看護の結末は?

風邪で体力の限界に達した子猫たち…懸命な看護の結末は?

ひどい風邪をひいた子猫3匹が保護されました。涙と鼻水でボロボロ、食欲もなくゴハンを食べてくれません。保護先で治療を受け、食事は強制給餌。少しずつ元気を取り戻していきます。

732view

風邪で弱った子猫3匹をレスキュー

風邪をひいた子猫3匹を緊急保護

2021年5月24日。ひどい風邪をひいた子猫3匹が保護されました。風邪による涙と鼻水で汚れきった子猫たち、あたりにママ猫は見当たりません。うつろな目で、表情に力が無く…弱りきっているようです。

保護先のNPOくすのきさんは猫の保護依頼が連続しており、すでにパンク寸前。それでも子猫たちを受け入れ、すぐに治療を始めてくれました。

食べない子猫、危険な状態

保護当初、子猫たちはぐったりとして、自分からごはんを食べようとしませんでした。一体いつから食べていないのか…くすのきのスタッフさんは1匹ずつ口に運んで食事をさせてくれました。

強制給餌をされる子猫はしんどいでしょうが、給餌する人間側も辛いものです。それでもベテランのスタッフさんの手で子猫たちは栄養をとり、病気と戦う体力をつけることができました。

地道な治療が実って、本当によかった!最初の頃の宇宙人みたいな顔が、子猫らしくなりました。何より自分の足で立っています!表情もよくなりましたね〜

モリモリ食べて、元気いっぱいに!

6月23日。保護からちょうど1ヶ月がたちました。あの子猫は…なんと、自分でカリカリに顔を突っ込んで食べるように!元気を取り戻しました!

シェルターで子育て中のママ猫「小菊ちゃん」から、母乳を分けてもらっているそうです。免疫力が爆上がりする母乳と、さらに小菊ママの愛情までたっぷりもらえるとは、本当にラッキーな子猫です!

1週間後には爪とぎにチャレンジする姿も。元気が出てきた証拠ですね。

風邪がすっかり抜けたら、お顔もきれいにシャンプーしてもらって、ふわっふわの子猫になることでしょう。優しい人たちに救われた命を大切に、幸せになってね。

熱海の今

この直後、熱海で怖ろしい土石流の災害が起こりました。こちらの子猫たちは保護されていて助かりましたが、行き場を失った猫たちが多くいることでしょう。

NPOくすのきさんは、災害後すぐにペットのレスキューを開始され、猛暑の中、日々奮闘されています。

是非サイトを訪れてNPOくすのきさんを応援してください!あの子猫たちのその後のツイートもあるかもしれませんよ。

※こちらの記事は情報掲載元の団体より許可を得て掲載しております。
 団体名:NPOくすのき

NPOくすのき

▼▼ 公式ホームページはこちら ▼▼
https://npo-kusunoki.life/

▼▼ 公式ツイッターはこちら ▼▼
https://twitter.com/atami_kusunoki

スポンサーリンク