熱海土石流で妊娠した猫を救出…小さな命を救う保護現場の様子は?

熱海土石流で妊娠した猫を救出…小さな命を救う保護現場の様子は?

熱海、伊豆山の土石流災害から1ヶ月以上。地元のNPOくすのきさんは、大切な命を守るため、懸命な活動を続けています。この日は妊娠した猫さんを被災地で保護。後日可愛い子猫が4匹生まれました。

995view

️熱海 被災地から助け出された猫が出産

妊娠した猫を被災地からレスキュー

2021年8月、伊豆山の土石流災害から1ヶ月半が過ぎました。地元のNPOくすのきさんは、被災直後からフルスロットルで命の保護を頑張る毎日です。

この日も、被災地から猫たちをレスキュー、そのうち1匹は妊娠していました。

この日保護されなければ、猛暑のなか、土砂で荒れた場所で出産、子育てをしなければなりませんでした。間に合って良かった!

シェルターで生まれた子猫たち

8月21日、保護から3日め。あの妊娠していた猫が出産しました。生まれた子猫は4匹。安全な場所で安心しきった、天使の寝顔です♡

しばらくはママ猫とシェルターで生活。元気いっぱいに育ったら、家猫としてのニャン生をスタートします。被災地から生まれた小さな命が、キラキラの幸せに輝きますように。

大切な命を守るために

まだまだ被災地での保護には力が必要です。NPOくすのきさんは「飼い猫もそうでない猫も同じ命」と区別なく保護をされています。立派です!

今回の妊娠猫さんは時期からして違いますが、被災して屋外に出てしまったペットのうち、避妊手術を受けていない犬や猫がいたかもしれません。慣れない屋外でお腹を空かせ、さらに子育てなんて過酷です。

大切なペットを守るために、避妊手術はやはり必要なものだと改めて感じました。

猛暑の中、地道な活動はまだまだ続きます。NPOくすのきさんは近隣の方でボランティアを募集しています。1クリックで拡散するだけでも力になります。是非サイトを訪れてみてくださいね!

※こちらの記事は情報掲載元の団体より許可を得て掲載しております。
 団体名:NPOくすのき

NPOくすのき

▼▼ 公式ホームページはこちら ▼▼
https://npo-kusunoki.life/

▼▼ 公式ツイッターはこちら ▼▼
https://twitter.com/atami_kusunoki

スポンサーリンク