ひどい怪我で安楽死寸前の野良猫…獣医師が下した決断とは?

ひどい怪我で安楽死寸前の野良猫…獣医師が下した決断とは?

怪我をして苦しんでいた野良猫が動物病院へ運ばれてきました。苦しむ猫を楽にしてあげようと安楽死をお願いされましたが、獣医さんにはもっといい考えが浮かびました!

1641view

安楽死寸前から幸せなセカンドライフへ

足に怪我をして苦しむ野良猫

アメリカのある街で、怪我をした1匹の野良猫が動物病院へ運ばれてきました。苦しむ野良猫を見かねた近所の人が、安楽死の相談にやって来たのです。

しかし、獣医師のマット先生は安楽死させる理由はないと判断しました。そして、このとてもフレンドリーな猫ちゃんの苦痛を取り除き、命を救うためのもっといい考えを思いつきました。

傷ついた後ろ足の手術をして家族に迎え入れることです!

残念ながら傷ついた足を残すことは出来ませんでしたが、今ではマット先生宅の ”家猫” として元気に過ごしています。

まとめ

怪我の痛みや安楽死から救われた猫ちゃん、幸せなセカンドライフをゲットできて本当によかったですね。運んできてくれた人たちとマット先生に感謝です。

運ばれた時の様子や手術後の様子はこちらから。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:BazPaws

BazPaws

▼▼ YouTubeチャンネル『BazPaws』はこちら ▼▼
https://www.youtube.com/c/BazPaws/featured

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/BazPaws/

スポンサーリンク