細い枝の上で耐える猫…危険な救出活動の行方は?

細い枝の上で耐える猫…危険な救出活動の行方は?

猫のシンバは木の上で立ち往生していました。飼い主が見守る中Canopy cat rescueのトムは救助の準備をしますが猫は飼い主の声が聞こえる方に行こうと細い枝を移動してしまいます。

421view

飼い主のところに戻りたくて木の先へ移動した猫を救出

猫のシンバが立ち往生している木

新緑の季節となり木の上から下を見下ろす事が快適に感じる時期となりました。森や木もいい雰囲気ではありますが、猫ちゃんにとって高いところは快適な事ばかりではありません。

いざ、シンバの元へ⁉

木にロープをかけますが枝が折れてしまったりとなかなか上手く行きません。シンバは待ってる間に木の上で動きだしてしまいます。

シンバを発見

シンバは飼い主の声が聞こえる方に行きたくて、そちらの方の枝へ移動していました。とても人が行ける場所ではなく強度などをトムが調べてシンバが戻ってこれる枝であれば呼び寄せる方法です。

細い枝です

トムの腕と比較してわかるようにシンバはとても細い枝にいました。トムの姿を発見しくるりと踵を返します。卓越したバランス感覚を持つ猫ちゃんですが、木の強度が心配でヒヤリとします。

シンバを確保

ゆっくりとトムがシンバを呼び寄せ、トムは可能な限り近づきます。なんとかシンバを確保します。

よくカーテンレールの上を歩いた猫ちゃんが重くてレールが壊れた、などという話を聞きますが、森の中の木はもっと危なく見てるこちらがヒヤヒヤします。この救助の一部始終は是非とも動画にてご確認ください。

※こちらの記事は動画配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Canopy cat rescue

スポンサーリンク