飢えでスポンジを食べた子猫…保護され凛々しい美猫に成長!

飢えでスポンジを食べた子猫…保護され凛々しい美猫に成長!

真冬の寒い日、保護された子猫は風邪でボロボロ。お腹もペコペコ!栄養不足のせいか月齢より体がずっと小さく、歯にも異常が…そこから治療を頑張って、可愛い子猫に大変身します♪

1173view

ボロボロで保護された子猫の愛情、変身物語

ボロボロの子猫を緊急保護

2021年2月の寒い日、様子のおかしい子猫が保護されました。ひどい風邪をひいて、涙と鼻水でボロボロ。一人ぼっちでさまよい、飢えてガリガリです。けれど「様子がおかしい」のはそれだけではありません。その子猫は栄養不足のためか、体が育っていませんでした。

保護先のNPOくすのきさんで、お腹がペコペコだった子猫は、出されたフードをバリバリ完食!食欲があれば、治療の効果も期待できます。ただその体は、どう見ても生後3ヶ月半くらいの大きさで、保護した時の情報「生後6ヶ月くらい」とちぐはぐです。

ノラ猫の子猫ちゃんは、栄養状態が悪いと成長が遅かったり、歯が正常に生えないこともあります。この子猫もそうなのでしょうか?スタッフさんがお口の中を覗いてみると、なんと乳歯が残ったままでした。

歯の治療でスポンジを吐いた猫

保護から2週間後、風邪が落ち着いた子猫は、抜歯のため獣医さんに預けられました。これで乳歯と永久歯の「二枚歯」は解消、大人の歯だけが並ぶお口になります。

ところが、抜歯手術をしてくれた獣医さんから驚きの連絡が来ました。子猫が「スポンジと海藻を吐き出した」と言うのです。

何日も食べるものがなく、お腹が空いてたまらず口に入れたのでしょう。もしかしたら消化されないものが、まだお腹の中に残っているかもしれません。

小さな体で一人ぼっちで、そこまで辛い思いをしていたのかと、くすのきのスタッフさんも心が痛みました。

キタロウ「元気になったよ!」

冬の日の保護から2ヶ月。桜の咲く季節、あの子猫はすっかり元気を取り戻し、保護猫カフェで過ごしていました。お名前は「キタロウ」くんです。

風邪はすっかり良くなって、シャンプーで毛もふわふわ♡お目目クリクリの可愛い子猫に大変身です。愛情をもって世話をされたおかげで、表情も出て来ました。ニコニコして見えるのは、私だけでしょうか?(笑)

体のラインも丸みが出て来ましたね。生後8ヶ月にしてはまだ小さいですが、それでも生きてるだけで丸もうけ、ですから!

小柄なニャンコが好み〜という里親さんだって、きっといます。だからキタロウくんは、家猫修行をしてご縁を待ちます。「家族になろう」と迎えてもらえたら、それは夢のような幸せ。

もう真冬のお外で凍えることも、お腹が空いてスポンジを飲み込むこともありません。ずっとずっとの幸せを待っています。

キタロウくんを救出したNPOくすのきさんは、保護猫の数が過去最高に増え、運営が厳しい状況です。1クリックで拡散するだけでも助けになります。是非サイトを訪れて応援してくださいね!

※こちらの記事は情報掲載元の団体より許可を得て掲載しております。
 団体名:NPOくすのき

NPOくすのき

▼▼ 公式ホームページはこちら ▼▼
https://npo-kusunoki.life/

▼▼ 公式ツイッターはこちら ▼▼
https://twitter.com/atami_kusunoki

スポンサーリンク