火災現場で火傷を負った子猫…運命の家族と出会い幸せに!

火災現場で火傷を負った子猫…運命の家族と出会い幸せに!

ガレージで発生した火災が鎮火したあと、消防士が小さな子猫を見つけました。ひどい火傷を負いながらも回復した子猫が、優しい飼い主さんに出会いハンサム猫に成長したお話です。

2802view

焼け跡にとり残された子猫

重度の火傷をおった子猫を発見

カナダのある街で、ガレージが燃える火災が発生しました。鎮火後、1人の消防士さんが焼け跡で野良の子猫を見つけました。

子猫はすぐさま獣医のもとへ。

そして、3度の火傷 (皮膚がむけている状態) と診断されました。

包帯を巻かれた姿が痛々しいですね。

懸命な治療とお世話の甲斐あって、だんだんと元気に力強くなって行きました。

包帯が取れると、子猫は元気に走り回り遊べるように!

飼い主さんとの出会い

そしてある日、インターネットで子猫のことを知った男性が子猫に会いにやってきました。

するとどうでしょう!子猫は男性の足にしがみつき離れようとしませんでした。

運命的な出会いを感じたのかもしれませんね!

男性は子猫を家族に迎え入れることに決め、家に連れて帰りました。

子猫は「ドビー」と名付けられ、先住猫さんともだんだん仲良しになって行きました。

そして今ではこんなにハンサムに成長しましたよ!

こんな高いところでリラックスする姿もかわいい!!

まとめ

コメント欄にもあるようにドビーは2度助けられました。1度目は発見してくれた消防士さんと治療に当たってくれた獣医チームの皆さん、そして2度目は里親になってくれた飼い主さん。

命をつなげてくれた皆さんに感謝です。

レスキュー当時と現在のハンサムドビーの姿はこちらから。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:BazPaws

BazPaws

▼▼ YouTubeチャンネル『BazPaws』はこちら ▼▼
https://www.youtube.com/c/BazPaws/featured

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/BazPaws/

スポンサーリンク