瀕死の子猫を救出…一刻を争う治療の行く末は?

瀕死の子猫を救出…一刻を争う治療の行く末は?

Animal aid unlimitedの救助隊員が駆け付けた時に子猫は生死の境をさまよっているような状態でした。呼吸が早く起き上がる事も体を起こす事に出来ませんでした。

2034view

生死の境をさまよう子猫を緊急レスキュー

子猫の状態はみるからに辛そうでした

Animal aid unlimitedに救助要請があり、隊員が駆け付けた時、子猫の状態は良くないとわかりました。呼吸が早く、体を起こす事も出来ません。

急いで施設内に保護します

子猫は一刻を争う状態です、すぐに施設に運びます。

子猫の状態を確認します

獣医はすぐに子猫に鎮痛薬を与えます。それから子猫の状態を入念に確認しましたが小さな体に外傷はありませんでした。猫に何があったのかはわかりませんが、皆に少し怯えていました。

子猫は改善に向かいます

治療のかいがあり子猫は回復に向かいます。少しずつ回りの人を受け入れるようになり、さらに食欲も改善してきました。

5日後

子猫は小さな体ではありましたが、生命力を持っていました。正直、運ばれた際には意識がなかったので子猫が目を明けた時スタッフは歓喜しました。

子猫はとても頑張りました。救助が間に合って本当に良かったです。子猫の元気な姿は是非とも動画にてご確認ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Animal Aid Unlimited, India

スポンサーリンク