保健所で怯え立てない子猫を救出…温かい応援を受け奇跡が!

保健所で怯え立てない子猫を救出…温かい応援を受け奇跡が!

保健所から引き出された小さな子猫。立ち上がることすら出来ず、怯えきっていた彼女は強く地を踏みしめ、新たな未来に歩みだそうとしています♡

3680view

脊髄の脱臼、立ち上がることもできない子猫

沖縄で保護活動を行う『のらネコたすけ隊』隊長の猫キチさんは、センターに収容された3ヵ月未満の子猫について連絡を受けました。立ち上がることさえできず、酷く怯えきった子猫の写真を見た猫キチさんは、どうか生きてほしい、必ず幸せにすると心に誓ったといいます。

『わらび』と名付けられた子猫

センターから引き出され、猫キチさんの元へとやってきた子猫に『わらび』という名前がプレゼントされました。幸いにもその症状は猫キチさんが予想したものよりは軽度であったものの、相変わらず腰は立たず下半身は引きずったまま、意思に反した排泄が続いていました。

わらびが立った…!

そしてなんと保護から2回目の動物病院受診の際、わずかながらわらびちゃんの足が動いたというのです。さすがの猫キチさんも、わらびちゃんの回復力には大変驚いたと語ります。

そして獣医さんからはまさかの『食べすぎ』の注意を受けてしまったというのですから、この時点からわらびちゃんの『強者感』は凄まじいものだったのかもしれませんね!

食いしん坊な美猫さんへと成長

それからというもの、わらびちゃんは驚異の回復みせ続けます。あっという間におすわりができるようになり、おやつやごはんの催促もするように。

みるみるうちに美猫へと成長していく姿に、多くの人々がエールを送り続けました。

新しい人生の章へ

保護から約1ヵ月半程が経過した頃、とうとうわらびちゃんの里親募集が開始されました。ゆっくりではありますが、しっかりと地を踏みしめることもできるようになったわらびちゃん。

食いしん坊で甘えん坊な彼女を誰よりも愛してくれる素晴らしい家族と会える日に向かい、日々逞しく美しく成長しています!わらびちゃんの勇姿をどうか見守ってください!

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:のらネコ たすけ隊

のらネコ たすけ隊

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
のらネコたすけ隊

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
のらネコ たすけ隊

▼▼ 里親募集中の猫さんはこちらからチェック! ▼▼
https://www.pet-home.jp/member/user771018/post/

スポンサーリンク