2匹の猫が20匹以上に…失業した飼い主と猫の行く末は?No.2

2匹の猫が20匹以上に…失業した飼い主と猫の行く末は?No.2

埼玉のNPO法人 にゃいるどはーとさんが今回関わるのは、群馬の派遣切りにあってしまった猫9匹の飼い主さんです。住む家を失い、明日をもしれなくなってしまいました。でもにゃいるどはーとさんが救います!

1372view

前回までのお話

派遣切りにあってしまい、会社の寮を急遽引き払わなければならなくなった飼い主さん。埼玉のNPO法人 にゃいるどはーとさんへ猫9匹の保護依頼をしました。幸い猫たちは病気もなく元気そうです。

前回の様子は、こちらの記事「2匹の猫が20匹以上に…失業した飼い主と猫の行く末は?No.1」と、でもご紹介しました。

これからにゃいるどはーとさんと一緒に、さらなる幸せへの道を歩みます。

オス部屋

一通り猫たちの部屋を周ったにゃいるどはーとさんが最後に訪れたのは、オス部屋でした。3匹のやんちゃそうな猫たちが出迎えてくれます。

かんたろうくん

にゃいるどはーとさんに自ら近づくかんたろうくん。愛想がよいようです。保護猫カフェタイプ、といわれました。

くさたくん

ケージに入れられていた、くさたくん。かんたろうくんとは兄弟ですが、よく喧嘩をするそう。そのため、ケージに隔離されていました。

登ったり降りたりして、落ち着かない様子です。ケージから出されると、辺りをかぎまわりながら探索しています。左耳の毛が抜けてしまっているのが心配です。

たまくん

全く人見知りすることなく、にゃいるどはーとさんに近づくたまくん。初対面でも抱っこされ、甘えます。保護猫カフェでうまくやっていけそうと、にゃいるどはーとさんの太鼓判が押されました。

ケージの組み立て

9匹の猫たち全てと対面し様子を確認したため、これから捕獲に入ります。ケージを組み立てるにゃいるどはーとさん。その様子を靴下猫が見守ります。

これまでのこと

20匹以上いた猫たち

今でこそ9匹になった猫ですが、これまでの最高数は23、4匹だそうです。そのため、以前住んでいた家では音がうるさいとの理由で退去命令が出てしまったのだとか。そこで会社の寮に引っ越したのでした。

寮に移る際、20数匹いた猫を知人にあげて9匹に減らしたそうです。それまではよかったのですが、今回不運にも派遣切りにあってしまいました。

自分はどうなってもせめて猫だけはと思い、にゃいるどはーとさんに託すことを決めたのです。

まとめ

9匹の猫たちは、飼い主さんの意向によっては野良猫になってしまってもおかしくはありません。次回はその辺りに、にゃいるどはーとさんの鋭いツッコミが入ります。

オス猫たちのなかなかにして甘えたな様子は、下の動画でご覧いただけます。できればチャンネル登録ください。それが困っている猫たちへの助けとなります!

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:NPO法人 にゃいるどはーと

NPO法人にゃいるどはーと

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://nyaild-heart.shimakaji-mama.com/

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/特定非営利活動法人にゃいるどはーと-240983279643560/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/satoshirumi

スポンサーリンク